So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

明治神宮外苑の銀杏並木 [散歩]

11月の終わり頃外苑の銀杏並木を渋谷の買い物のあと足を伸ばし見て参りました。丁度見ごろで沢山の人で賑わっていました。

美しい銀杏の尖端があんなにも揃って同時期に黄葉するのはとても難しい事ではないでしょうか。毎年楽しみにしている私達をがっかりさせないためのご苦労に感謝しながら帰って参りました。

IMG_0004.JPG

IMG_0007.JPG
美しい銀杏並木の空を飛行機雲が見えます
IMG_0010.JPG
絵のように美しいですね~
IMG_0013.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0020.JPG
美しい銀杏黄葉の先端
IMG_0018.JPG

IMG_0019.JPG

IMG_0029.JPG

IMG_0030.JPG
駒沢
家の近くのレストランビストロ アジュールで食事をしました。
IMG_0007.JPG

IMG_0001.JPG

IMG_0002.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0004.JPG

IMG_0005.JPG

いつもご訪問有難うございます。
nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

朝霧のゴルフ [ゴルフ]

11月10日のゴルフ場は朝早く霧に覆われて、幻想的な水墨画のような景色となりました。日が昇り始めると霧は消えて行きました。富士山は殆ど見えませんでしたがラッキにも一瞬だけ顔を見せてくれました。

丹沢の山々が朝日に輝いている
IMG_0001.JPG
霧に覆われた幻想的な山々
IMG_0002.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0004.JPG

IMG_0005.JPG

IMG_0006.JPG
太陽もおぼろに
IMG_0008.JPG

IMG_0016.JPG

富士山が一瞬だけ顔を出してくれました。
IMG_0022.JPG

IMG_0023.JPG
紅葉のグラデーションが美しい
IMG_0031.JPG

IMG_0034.JPG

IMG_0013.JPG

蔦の紅葉は一段と赤い
IMG_0038.JPG
山茶花は花がいっぱい
IMG_0041.JPG
満天星つつじの紅葉は綺麗
IMG_0042.JPG
銀杏それぞれに色づきが違うのも面白いですね
IMG_0046.JPG

IMG_0048.JPG
シロサギがいます
IMG_0020.JPG
朝定食を頂きました。
IMG_0026.JPG

IMG_0025.JPG

いつもご訪問有難うございます。




nice!(41) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

旧古川庭園の秋の薔薇 [散歩]

11月の暖かい立冬の頃、旧古川庭園の薔薇を見に行って参りました。真青の空に満開の薔薇の香りいっぱいの庭園には沢山の人達の明るい笑顔がありました。日本庭園の方は紅葉も少しだけ始まっていました。

豪壮でおしゃれな石造りの建物は英国のジョサイア・コンドル(1852~1920)の設計です。
IMG_0048.JPG

IMG_0014.JPG

IMG_0033.JPG

IMG_0018.JPG

IMG_0044.JPG
色とりどりの花がしっかりとして美しい
IMG_0007.JPG

IMG_0005.JPG

IMG_0022.JPG

IMG_0028.JPG

日本庭園の紅葉
IMG_0037.JPG
心字池と雪見灯篭
IMG_0038.JPG
水面に映える紅葉が美しい!
IMG_0040.JPG

IMG_0043.JPG
東急東横店9階いつもの杏花
担々麺と
IMG_0050.JPG
小籠包を頂きました。美味しかったです。
IMG_0051.JPG

いつもご訪問有難うございます。






nice!(40) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

有馬温泉より神戸港クルーズ [旅行]

有馬グランドホテルより8キロの六甲トンネルを走り神戸港へ六甲山系の山脈が見渡せる港をクルーズします。明石海峡大橋は生憎靄っていましたが。

その前に源平合戦の古戦場史跡生田の森生田神社へ 
IMG_0011.JPG

IMG_0014.JPG
現在本堂の裏は生田の森として都会の中のオアシスとして、パワースポットとして親しまれています。
IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0018.JPG

IMG_0020.JPG

IMG_0013.JPG

神戸港クルーズ船コンチェルトで明石海峡大橋手前を巡回し港に戻ります。
IMG_0031.JPG
神戸ポートタワーうしろは六甲山系
IMG_0038.JPG
神戸ハーバーランド
IMG_0034.JPG
クルーズ船の中
IMG_0039.JPG

IMG_0043.JPG
季節野菜のポタージュ
IMG_0044.JPG
海の幸サラダ
IMG_0042.JPG
鮮魚の白ワイン蒸し
IMG_0049.JPG
若鳥のローストストロガノフ
IMG_0050.JPG
ミックスベリーティーのゼリーとシャーベット
IMG_0052.JPG
コーヒー
IMG_0055.JPG
ピアノ演奏
IMG_0046.JPG

IMG_0048.JPG

IMG_0054.JPG

IMG_0059.JPG

いつもご訪問有難うございます。




nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

京都時代祭~平安神宮 [旅行]

時代祭は京都三大祭の一つとして京都を代表する祭となっています。2018年も10月22日に行われました。私達は指定席で見る事が出来ましたが、10月とはいえ快晴の日中の暑さは熱中症のように頭が痛くなり、途中から日陰に避難してしまいました。

平安神宮は明治28年(1895)平安遷都1100年を記念して平安京創始の桓武天皇を御祭神として創建され、その後、昭和15年(1940)に幕末の孝明天皇を合祀して現在の壮大で美しい建物が整えられ京都総鎮守として崇敬されています。

IMG_0038.JPG
時代祭は京都市会正副議長などの名誉奉行を先頭に始まりました。
IMG_0046.JPG

IMG_0048.JPG
時代祭りの幟
IMG_0049.JPG
明治維新時代
IMG_0053.JPG
白毛付き陣笠の隊長
IMG_0054.JPG
維新勤皇隊列
IMG_0056.JPG
江戸時代
IMG_0061.JPG
徳川城使上洛列
IMG_0064.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0067.JPG

IMG_0070.JPG
徳川城使
IMG_0072.JPG
城使の駕籠
IMG_0073.JPG

IMG_0074.JPG
江戸時代婦人列
IMG_0075.JPG

IMG_0077.JPG

IMG_0079.JPG
安土桃山時代 牛車
IMG_0082.JPG

IMG_0086.JPG

IMG_0090.JPG
織田公上洛列
IMG_0091.JPG

IMG_0093.JPG
羽柴秀吉
IMG_0094.JPG
丹羽長秀
IMG_0095.JPG
大幟
IMG_0096.JPG
織田信長
IMG_0097.JPG
織田信長
IMG_0098.JPG
後衛部隊
IMG_0099.JPG
滝川一益
IMG_0101.JPG
柴田勝家
IMG_0103.JPG

IMG_0104.JPG
指定席も満席です。時代はこれからも遡りますが、少し具合が悪くなり日蔭へ。
IMG_0106.JPG

その後は有馬温泉へ移動
有馬グランドホテルに泊ります。夕食は美味しかったです。
IMG_0160.JPG

IMG_0161.JPG

IMG_0162.JPG

IMG_0163.JPG

IMG_0164.JPG

IMG_0167.JPG

IMG_0170.JPG 

いつもご訪問有難うございます。












nice!(37) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奈良・興福寺中金堂落慶法要 [旅行]

興福寺では伽藍の中心的な堂宇である中金堂が今年2018年10月に落慶法要を迎え10月20日から一般拝観が行われました。

中金堂は長い寺史の中で7度の火災に遭い、1717年の大火の後は仮堂のままでした。この度300年ぶりの本格的な復興となりました。

私達は21日に拝観する事が出来ました。

奈良駅です
IMG_0004.JPG

宿泊はホテル日航奈良です
IMG_0006.JPG

IMG_0015.JPG

興福寺 中金堂
IMG_0016.JPG

中金堂の釈迦如来像
IMG_0020.JPG

木造 釈迦如来像
IMG_0007.JPG

IMG_0010.JPG

IMG_0009.JPG

興福寺 東金堂
IMG_0009.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0002.JPG

IMG_0001.JPG

IMG_0015.JPG

南円堂
IMG_0014.JPG

五重塔
IMG_0012.JPG

国宝館 再会(梵天、帝釈天)
IMG_0025.JPG

根津美術館に所蔵される帝釈天立像と興福寺に残った梵天立像は共に仏師定慶により造立されました。今回かぎりの特別展とか。
IMG_0026.JPG

いつもご訪問有難うございます。




nice!(34) 
共通テーマ:旅行

農溝の滝、誕生寺~千葉君津市 [旅行]

紅葉には早いけれど暑くもなく寒くもない絶好の季節に散歩がてらの日帰りバス旅行に千葉の君津市まで行って参りました。海ほたるを通って。

農溝の滝亀岩の洞窟の名称の違いはよくわからないですが、日の射し具合で水面に映った景色とハート型に見える洞窟で、若い人達の中で知る人ぞ知るパワースポットだそうです。ここのの洞窟は岩を削って作られたものですが、滝というほどの水量はないようです。

海ほたるで小休憩
IMG_0001.JPG

IMG_0004.JPG

IMG_0006.JPG

濃溝の滝 滝という程の水量はないけれど
IMG_0028.JPG

亀岩の洞窟 奥の岩が亀石のよう
IMG_0030.JPG

IMG_0032.JPG

ホタルの里遊歩道
IMG_0034.JPG

IMG_0035.JPG

IMG_0065.JPG

IMG_0075.JPG

小湊の吉夢で昼食
IMG_0037.JPG
海老もありましたが
IMG_0038.JPG
味噌汁もありました。
IMG_0039.JPG

日蓮聖人誕生寺
IMG_0042.JPG

IMG_0044.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0047.JPG

IMG_0050.JPG

日蓮聖人の幼像
IMG_0051.JPG

本堂は修復中
IMG_0056.JPG

本堂
IMG_0054.JPG

IMG_0069.JPG

誕生寺
IMG_0067.JPG

IMG_0072.JPG

いつもご訪問有難うございます。








nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

六所の森コンサート~世田谷赤堤 [音楽]

第32回六所の森クラシックコンサートが涼しくなった10月の最初の日曜日、篝火に照らされながら幻想的な六所神社の神楽殿で行われました。

第一部は世代を超えて歌い継がれる日本の歌(夏の思い出、小さい秋見つけた、冬景色など)
第二部はラテンの息吹き、ファリアからピアソラまで(タンゴ、カデイスの娘、スペインなど)
爽やかな風と虫の声も交じるコンサートでした。

篝火の燃える神社の境内
IMG_0003.JPG

神楽殿です
IMG_0005.JPG

神社の本堂です
IMG_0007.JPG

歌い継がれる懐かしい歌、心の歌など11曲が神社の森いっぱいに。
左、メゾソプラノの山下千夏さんと右はソプラノの紺野恭子さん
IMG_0011.JPG

ヴァイオリンの松村一郎さん、ピアノの笈沼甲子さんの演奏です
IMG_0012.JPG

休憩にはサービスでワインやジュースのお楽しみがあります。
お腹に響く力強い八丈太鼓の演奏を聴きながら頂きます。
IMG_0016.JPG

IMG_0018.JPG

IMG_0022.JPG

第二部のラテンの心地良いリズムは青春の懐かしさです
IMG_0027.JPG

ギターの蓮見昭夫さん
タンゴのラ・クンパルシーターは感動的でした
IMG_0032.JPG

チェロの竹花加奈子さんも力強い素晴らしさです
IMG_0041.JPG

ヴァイオリンの松村一郎さん
IMG_0046.JPG

ピアソラのリベルタンゴやビゼーのハバネラなど楽しいリズムです
IMG_0054.JPG

今日の素晴らしい出演者たちでした。
IMG_0061.JPG

砧公園緑地のバラ園
秋の薔薇は小ぶりでこれからと云う事でしたが、余り良い花は咲いていませんでした。
IMG_0012.JPG

IMG_0017.JPG

IMG_0018.JPG

IMG_0008.JPG

IMG_0021.JPG

IMG_0015.JPG

IMG_0035.JPG

IMG_0039.JPG

母子像がある小バラ園です
IMG_0040.JPG

いつもご訪問有難うございます。


nice!(32) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

藤田嗣治展~没後50年の大回顧展 [展覧会]

2018年7月31日から10月8日まで東京都美術館藤田嗣二展が開催されています。没後50年の大回顧展です。

彼の絵の印象は乳白色と云われる白い肌の裸婦です。それ以外の絵は初めて見るものばかりで、藤田嗣二の印象が変わりました。何故日本画壇は彼を拒否し続けたのでしょうか?とても残念に思います。もっと早く見たかった気がします。

藤田嗣二は1886年新宿に生まれ美術学校で黒田清輝に師事しました。しかし自画像を悪い絵の見本と評されたため、1913年26歳で単身パリへ。モンパルナスでエコールド・パリと呼ばれる画家たちと交流、ピカソのキュビスムに衝撃をうけました。

私の部屋、目覚まし時計のある静物(1921年)
IMG_0006.JPG

エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像(1922年)
IMG_0005.JPG

1923年第一次大戦後パリに留まっていた彼の絵タピスリーの裸婦が高く評価され素晴らしき乳白色の肌としてパリの寵児となりました。

しかし日本では強い反発があり国辱とまで云われました。羨望や、やっかみもあったのでしょうか。彼はお酒は飲めなかったので18時間も絵ばかり描いていたそうです。

タピスリーの裸婦(1923年)
IMG_0007.JPG
自画像(1929年)
IMG_0004 (2).JPG

その後パリは激動の20世紀の不況に襲われます。パリを離れて中南米や世界を3年程巡り画風を変えて行きました。1931年満州事変が起こると、51歳で日本に戻り、戦争画にのめり込んでいきます。武漢進撃は写実的に淡々と、アッツ島玉砕は生々しく残酷に。

しかし、これが戦後、戦争責任の罪を一人で背負うよう日本画壇の後輩より頼まれる。実際は何も問われなかったですが、4年後パリへ戻り、フランス国籍を取得します。日本画家たちの薄情さに失望したのか、その後二度と帰国することはなかったのです。

メキシコに於けるマドレーヌ(1934年)
IMG_0002 (2).JPG

擬人化された動物は画家の重要なモチーフ
私の夢(1947年)
IMG_0001 (2).JPG

カフェ(1949年)
IMG_0003.JPG

彼は日本に生まれて祖国に愛されず、フランスに帰化してもフランス人としての待遇も受けず迷路の中で一生を終わる薄命画家でした。

絵には永久に生きている魂があると80歳になる前の自らの肉声を録音した遺言とも言うべきテープが残されていました。

12時間に及ぶテープの中には浪曲まじりの自分の声も生々しく、死神様の声も演じています。私には日本恋しさの切ない気持ちが伝わってきます。

パリ郊外の寒村に礼拝堂(平和の聖堂)が自らの意向で建てられています。壁画は宗教画をフレスコで描きその中の絵に最後の自画像も入れて。そして81歳でここに眠っています

参考:NHK日曜美術館

いつもご訪問有難うございます。

nice!(38) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

渋谷ストリームビルがオープン~2018 [散歩]

渋谷エリアの大改造、大開発が進んでいます。先陣を切って2012年3月にヒカリエ が東急文化会館跡に造られました。

今回は東横線が地下化された駅跡地に渋谷ストリームビルが9月13日にオープンしました。地上35階地下4階の大規模複合施設で、レストランや店舗、オフィス、ホール、ホテルなどが入っているようです。渋谷川の散策や買い物をしたりお食事などが楽しめそうです。

何処からも良く見える特徴のあるビルです。
IMG_0020.JPG

IMG_0002.JPG

IMG_0003.JPG

IMG_0004.JPG

渋谷川は長い間暗渠にかくれていて1964年の東京オリンピックの頃は下水化していた不幸な時代もあり、今回はやっと陽の目を見る事が出来ました。

渋谷川は葛飾北斎の富嶽三十六景の「穏田の水車」に水車小屋が描かれているほどの由緒ある川でもありました。これからは水質も良くなり清流になる事を願うばかりです。
IMG_0006.JPG
代官山方面です。
IMG_0007.JPG

IMG_0012.JPG

散歩道にあるジュースのお店
IMG_0009.JPG

渋谷ストリームのお店はどこも人でいっぱいです。
IMG_0013.JPG

IMG_0014.JPG

IMG_0016.JPG

2012年にオープンしたヒカリエビルです
IMG_0017.JPG

ヒカリエで食事をしました。
IMG_0019.JPG

いつもご訪問有難うございます。
nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -