So-net無料ブログ作成

世田谷八幡宮、豪徳寺、おせち~2018年 [お正月]

明けましておめでとうございます2018年もよろしくお願いいたします。

真青な空に静かなお正月を迎えることが出来ました。一日は友達と近くの駒留八幡神社へ行って参りました。その後いつもの世田谷八幡宮豪徳寺へ。

二日は例年通り娘達家族が参ります。今年は嬉しい異変が!孫が婚約者を連れてくるとか!一度ご一緒に食事をした事がありますが。美登利寿司のおせちは注文しているけれど、一人増えても想定内の準備で済ませるしかありません。

それに引き換え下の孫は気の毒にお正月出勤とか、夕方まで来られなくなりました。世の中やはり厳しいですね。支度は娘も手伝ってくれて大童でした。

彼女は美人で気さくなお嬢さんで明るい方です。ほどほどのお酒で楽しい団欒のひと時となりました。男らはお酒が強いのでシャンパンの乾杯から始まり、ワイン、日本酒まで続いていました。娘も私もあまり飲めないので直ぐ酔ってしまいます。

初詣
駒留八幡神社は環七沿いの駒留交差点の
傍にあります。散歩コースで良くお参りしています。
IMG_0002.JPG

IMG_0001.JPG

世田谷八幡宮
IMG_0014.JPG

IMG_0015.JPG

IMG_0017.JPG

すぐ傍にある豪徳寺
IMG_0001.JPG

IMG_0005.JPG

IMG_0008.JPG

IMG_0007.JPG

IMG_0010.JPG

今年のおせち
美登利寿司のおせちの外は手作りです。ローストビーフと蟹はお持たせです。
お煮しめ、田作り、酢の物、サラダ、お雑煮、お善哉、伊達巻も作って
みました。買ってきたものに比べ甘くないようです。
IMG_0003.JPG

IMG_0002.JPG

昨年暮れの駒沢給水塔の点灯
良い撮影の場所がありません。
IMG_0014.JPG

IMG_0005.JPG

いつもご訪問有難うございます。今年もよろしくお願い致します。







nice!(34) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

袋田の滝と竜神狭、花貫渓谷 [旅行]

11月の終わり、紅葉も終わり頃袋田の滝竜神狭花貫渓谷へ常磐道を走って茨城県太田市の紅葉の名所を散策して参りました。小雨が降る生憎のお天気でしたが、気持ちだけ残る美しい冬紅葉を楽しみました。


IMG_0011.JPG

トンネルを通って吊り橋と袋田の滝へ
IMG_0012.JPG

IMG_0016.JPG

袋田の滝は意外にやさしい滝でした
IMG_0022.JPG

IMG_0029.JPG

展望台からの滝の水も少ない
IMG_0034.JPG

IMG_0036.JPG

IMG_0040.JPG

吊り橋を渡って滝の周辺を歩く
IMG_0047.JPG

IMG_0046.JPG

IMG_0061.JPG

IMG_0064.JPG

展望台が見える
IMG_0063.JPG

竜神狭
竜神狭大吊橋は長さ375m、幅3m、湖面から高さ100m
茨城県常陸太田市にあり、少し遅いけれど紅葉が美しい
IMG_0076.JPG

IMG_0084.JPG

IMG_0094.JPG

IMG_0102.JPG

IMG_0091.JPG

IMG_0105.JPG

花貫渓谷
駐車場の散り紅葉が美しい
IMG_0113.JPG

花貫川沿いの道を歩くだけで美しい
IMG_0119.JPG

IMG_0120.JPG

汐見滝吊り橋 紅葉も傘の花も美しい
IMG_0125.JPG

吊り橋を渡って遊歩道を行く
IMG_0128.JPG

IMG_0127.JPG

IMG_0131.JPG

IMG_0140.JPG

IMG_0141.JPG

道路の散紅葉
IMG_0137.JPG

IMG_0149.JPG

今年一年いつもご訪問有難うございました。来年もまたよろしくお願い致します。新しい年が良い年でありますよう心よりお祈り致します。
















nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

銚子犬吠埼と香取神宮 [旅行]

11月の終わり頃に銚子の醤油工場や香取神宮犬吠埼灯台などへ友達のクラブの日帰り旅行に参加させて頂きました。あまりお天気は良くなかったのですが、紅葉も終わり頃でしたが散り紅葉がとても綺麗でした。

香取神宮は旧社格は官幣大社。現在は神社本庁の別表神社で全国にある香取神社の総本社でもあるそうです。格式のある神社です。

IMG_0055.JPG

IMG_0020.JPG

IMG_0023.JPG

IMG_0029.JPG

IMG_0030.JPG

IMG_0035.JPG

IMG_0038.JPG

IMG_0036.JPG

IMG_0052.JPG

IMG_0040.JPG

IMG_0042.JPG

IMG_0044.JPG犬吠埼灯台。明治7年11月15日初点灯
真っ白の塔の姿がとても美しい!
IMG_0094.JPG

灯台の中の階段と梯子段99段で展望台へ上りました。
灯火までの高さは地上から27mです。
IMG_0073.JPG

風が強くて足がすくみました。高所恐怖症なので・・・
IMG_0077.JPG

IMG_0078.JPG

IMG_0080.JPG

IMG_0084.JPG

IMG_0100.JPG

IMG_0086.JPG

犬吠埼での昼食です。
ペーパーのような鍋で鍋物です。
IMG_0067.JPG

鰈の煮物です。とても美味しいです。
IMG_0068.JPG

お刺身も脂がのって美味しかったです。
IMG_0069.JPG

IMG_0070.JPG

いつもご訪問有難うございます。








nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

静嘉堂文庫美術館~明清の中国絵画 [展覧会]

2017年10月28日より12月17日まであこがれの明清絵画~日本が愛した中国絵画の名品たち~という絵画展が静嘉堂文庫美術館で開催されています。先日行って参りました。

深淵な山水から愛らしい猫まで多様な様相を見せる中国明清時代(1368~1912)の絵画は江戸時代以降の日本でも多くの画家たちの憧れの的でした。

静嘉堂文庫美術館の正門
IMG_0030.JPG

IMG_0028.JPG

静かな落葉の道を行く
IMG_0027.JPG

静嘉堂文庫美術館の庭園から
IMG_0011.JPG

どうだんの紅葉が美しい
IMG_0012.JPG

山茶花が満開
IMG_0010.JPG

IMG_0025.JPG

IMG_0014.JPG

IMG_0021.JPG


百花図巻 余崧(よすう)
IMG_0002.JPG

写真が少々ぼけてしまい済みません。
IMG_0004.JPG

IMG_0033.JPG

秋景山水図 藍瑛(らんえい)部分
IMG_0029.JPG

秋景山水図 李士達(りしたつ)部分
IMG_0025.JPG

老圃秋容図 沈南蘋(しんなんびん)部分
IMG_0022.JPG

重要文化財 李士達(りしたつ)秋景山水図
IMG_0027.JPG

重要文化財 帳瑞図(ちょうずいと)  陳曽則(ちんそうそく)蘭竹図
秋景山水図 明時代 17世紀      清時代 順治4年
IMG_0035.JPG IMG_0038.JPG

花鳥図 明時代 呂紀(りょき)の系統
IMG_0043.JPG

帳瑞図(ちょうずいと)    王鐸(おうたく)
草書五言律詩         臨王徽之得信帖
IMG_0041.JPG



いつもご訪問有難うございます








nice!(39) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ゴルフ場の鹿の親子 [ゴルフ]

ゴルフ場の鹿の親子。10月のはじめのゴルフ場では時々出没していた鹿の親子が三頭、カート道そばで草を食んでいました。側を走っても、降りてカメラを向けてもちらりとこちらを向くだけで悠然としています。ペットのように慣れていて可愛いいですね。近寄って来ることはありませんが。角のりっぱな父鹿もいるそうですが、別の場所にいるとキャデイさんが教えてくれましたが出会ったことはありません。

今日は雲が多くて富士山は良く見えません。
IMG_0023.JPG

IMG_0024.JPG

IMG_0025.JPG

パンパスグリーンの穂が大分ほどけています
IMG_0027.JPG

醍醐樹の赤い実が美しい
IMG_0006.JPG

IMG_0001.JPG

百日紅の残り花
IMG_0004.JPG

IMG_0003.JPG

カート道そばの樹の下で悠然と草を食んでいます。
IMG_0013.JPG

IMG_0015.JPG

IMG_0016.JPG

IMG_0019.JPG

二頭は子供です。
IMG_0020.JPG

IMG_0021.JPG

IMG_0014.JPG

今日のランチはマグロ丼です。
IMG_0001.JPG

いつもご訪問有難うございます。




nice!(32) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新宿御苑から新国立競技場の建設現場へ [散歩]

東京オリンピック(2020年)まで1000日という10月の下旬頃、吟行で新宿御苑へ行った帰りに建設中のオリンピックスタジアムへ行って参りました。最多のクレーン十四基程が秋空に伸び、壮大で美しい景観を描き出していました。また競技場らしい形も垣間見る事が出来、今しか見られない一瞬の力強い建設現場の雰囲気を味う事が出来ました。完成する姿を想像しながらの帰途となりました。

新宿御苑は秋を惜しむ人で一杯
IMG_0001.JPG

IMG_0005.JPG

IMG_0006.JPG

IMG_0007.JPG

IMG_0009.JPG

IMG_0014.JPG

IMG_0012.JPG

IMG_0004.JPG

IMG_0008.JPG

オリンピックスタジアムへは
新宿御苑の千駄ヶ谷門を出ると数分です。
IMG_0024.JPG

クレーンが林立して一幅の絵のようです。
IMG_0025.JPG

IMG_0026.JPG

IMG_0030.JPG

IMG_0031.JPG

IMG_0035.JPG

IMG_0036.JPG

IMG_0040.JPG

渋谷東急9階の私達お馴染みの杏花で飲茶を頂く
IMG_0001.JPG

春巻きと餃子の熱々が美味しい
IMG_0002.JPG

蒸し野菜と焼売
IMG_0003.JPG

小籠包
IMG_0004.JPG

五目焼きそば 友達とシェア
IMG_0005.JPG

炒飯 友達とシェア
IMG_0006.JPG

杏仁豆腐
IMG_0007.JPG

いつもご訪問有難うございます。
nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日光東照宮~2017 [旅行]

長雨の中の束の間の晴れ間。奇跡的に晴れた十月の中頃、栃木県の日光東照宮へ日帰りバス旅行に行って参りました。ずうっと具合が良くなく久しぶりの遠出となりました。その日はお神輿が出るお祭りだとかで、沢山の人達が参道を埋めていました。

私達は千姫物語ホテルでバスを降り、そこから120号線の地下道から日光の大樹が聳える美しい参道を歩いて石鳥居まで久しぶりの青空を楽しみました。

IMG_0006.JPG

IMG_0007.JPG

IMG_0012.JPG

石鳥居 高さ9m。10段の石段が上に行くほど狭く
一段の高さが低くなり遠近法で鳥居を高く遠く見せているそうです。
IMG_0136.JPG

参道を埋める参拝者たち
IMG_0014.JPG

五重塔。若狭の小浜藩主、酒井忠勝が献納したもの。
直径60cmの心柱が4層目から吊るされた耐震構造となっているとか。
IMG_0127.JPG

IMG_0023.JPG

IMG_0027.JPG

表門
IMG_0017.JPG

表門をくぐる
IMG_0030.JPG

三神庫の前、行列に参加する人たちが待機
IMG_0032.JPG

IMG_0036.JPG

上神庫の妻面にある想像の象の彫刻。
狩野探幽が実物の象を知らずに書いたもの
IMG_0121.JPG

IMG_0038.JPG

神厩舎の三猿平成の改修で目がはっきり
IMG_0040.JPG

「見ざる」「言わざる」「聞かざる」だけではなく8枚の絵で人の一生を描いている
IMG_0041.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0047.JPG

青銅鳥居。ここにも心柱が吊るされているとか。
IMG_0060.JPG

鳥居の下は蓮の花。この場所が神仏の境界線
IMG_0118.JPG

日光東照宮の力を分けて貰えるパワースポットの位置。
IMG_0120.JPG

銅鳥居、奥に陽明門、その奥に拝殿、本殿と一直線に見る位置がパワースポット
だそうです。後ろへ延びる直線の先は江戸城になります。
IMG_0119.JPG

左が鼓楼と回り灯篭
IMG_0056.JPG

右に鐘楼
IMG_0055.JPG

陽明門の手前の左の奥に本地堂(薬師堂)家康が薬師如来の生まれ変わり
とされたことから家康の本地佛を祀るための本地堂。ここは鳴竜
の天井画で知られる。狩野永信安信画は1961年焼失、1968年に復元された。
IMG_0113.JPG

陽明門。高さ11.1m、幅7m。白と金色に輝く。
近ずくと508もの彫刻に圧倒される
IMG_0063.JPG

IMG_0064.JPG

IMG_0066.JPG

神輿舎を出た神輿が陽明門を下りる
IMG_0074.JPG

金色の神輿が階段を下りる。目の前を粛々と緊張の瞬間でした。
IMG_0075.JPG

IMG_0076.JPG

唐門。陽明門をくぐれば正面にある。昇竜、降竜が見られる。
IMG_0103.JPG

IMG_0104.JPG

陽明門をくぐると左手の黒塗り建物は神輿舎
中に3基の神輿が納められている
IMG_0102.JPG

陽明門の魔除けの逆さ柱。12本の柱で支えられる中の一本が逆さに建てられ
ている。猿の顔が逆さになっている。一ヶ所完璧でない部分を残し建物の長命を願う
IMG_0094.JPG

陽明門の彫刻
IMG_0099.JPG

IMG_0111.JPG

IMG_0087.JPG

IMG_0100.JPG

IMG_0089.JPG

いつもご訪問頂き有難うございます。












nice!(36) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

山梨の巨峰と秘境一の釜 [旅行]

8月の下旬一日中秋晴れに恵まれた日、山梨のブドウ狩り、武田信玄の菩提寺恵林寺秘境一の釜などへ日帰りバス旅行に行って参りました。ハーブ園にも参りましたが、今回は省略させて頂きました。

途中キムチのお漬物屋さんやストーンエッグのお店でトルマリン石の入った敷布や枕カバーなどのお店も立ち寄りました。トルマリンのネックレスは肩こりや頭痛にも良いとかでアスリートの方々に人気だそうです。

巨峰の畑が続いていて沢山の実がついています
IMG_0009.JPG

食べ放題は30分なので、一房食べ切れませんでした。
IMG_0012.JPG

IMG_0015.JPG

食事のために信玄の郷へ
IMG_0028.JPG

恵林寺の境内へ  
IMG_0035.JPG

IMG_0039.JPG

IMG_0040.JPG

IMG_0042.JPG

乾徳山恵林寺 甲斐武田氏の菩提寺です。
IMG_0043.JPG

IMG_0049.JPG

松の手入れが行き届いていて美しい
IMG_0048.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0046.JPG

夢窓国師の庭園が素晴らしいそうですが、時間がなく残念でした。
IMG_0047.JPG

IMG_0044.JPG

恵林寺の前にある信玄館で食事
IMG_0033.JPG

IMG_0030.JPG

松阪牛と松茸ご飯
IMG_0051.JPG

IMG_0053.JPG

IMG_0052.JPG

秘境一の釜へ
IMG_0054.JPG

笛吹川の三富川浦付近
IMG_0063.JPG

IMG_0067.JPG

IMG_0069.JPG

急峻な道を川底へ10分位歩く
IMG_0073.JPG

IMG_0074.JPG

IMG_0077.JPG

鬱蒼とした緑の中に幻想的な滝の霊気がいっぱい!
IMG_0079.JPG

IMG_0087.JPG

IMG_0088.JPG

IMG_0082.JPG

IMG_0092.JPG

IMG_0086.JPG

くずの花
IMG_0106.JPG

IMG_0107.JPG

いつもご訪問頂き有難うございます。








nice!(37) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

松陰神社から~丑の日のうなぎ [散歩]

丑の日に合わせてうなぎを食べに行って参りました。世田谷線の線路を過ぎ松陰神社通りにある小さなお店で毎年この時期に頂きます。安くて美味しいと評判のお店です。その前に松陰神社にちょっとご挨拶です。このあたりは散歩コースなので良く歩いています。

世田谷通りから松陰神社通りへ
IMG_0005.JPG

参道を行く
IMG_0006.JPG

IMG_0008.JPG

IMG_0009.JPG

吉田松陰の像
IMG_0010.JPG

松下村塾
IMG_0012.JPG

IMG_0013.JPG

IMG_0014.JPG

世田谷線 松陰神社駅の踏切
IMG_0018.JPG

うなぎ一二三(ひふみ)入口です。ちょっと分かりにくい。
IMG_0004.JPG

ふっくらとしてとても美味しいけれど、少し味が濃いい
IMG_0001.JPG

IMG_0002.JPG

松陰神社線路際の美味しいパン屋SUDOです。
IMG_0019.JPG

ローストチキンとキタアカリのタルテーヌ ハニートースト
ズッキーニとソーセージカレーソース
IMG_0042.JPG

いつもご訪問有難うございます。




nice!(30) 
共通テーマ:グルメ・料理

静嘉堂文庫美術館~世田谷区岡本 [展覧会]

八月の初めに静嘉堂文庫美術館「珠玉の香合、香炉展」を見に行って参りました。多摩川や野川に近く国分寺崖線の緑地に囲まれた静かな場所にあり散歩コースでもあります。

その日は京都の松栄堂主人、同志社大学の先生でもある畑正高氏の香りの文化史という講演会があるとかで、何も知らずに来た私はラッキーな事に丁度13時30分の開始時間に入場する事が出来ました。既に100人以上の方達が地下ホールに集合していました。

静嘉堂は三菱第二代社長の岩崎弥之助とその嗣子で第四代社長の岩崎小弥太父子が明治から昭和前期にわたる60年間に蒐集したもので、所蔵品は約6500件、そのうち茶道具は1400件を占めるコレクションの主柱の一つとなっているそうです。

静嘉堂文庫美術館の正門
IMG_0007.JPG

IMG_0008.JPG

紅葉橋を通って
IMG_0009.JPG

緑陰の中の裏門 
IMG_0001.JPG

IMG_0002.JPG

坂道を上ります。
IMG_0010.JPG

IMG_0011.JPG

美術館と噴水
IMG_0012.JPG

入口
IMG_0013.JPG

百日紅が満開です
IMG_0036.JPG

地下ホールは100人余の人たち
IMG_0017.JPG

松栄堂主人 畑 正高氏
IMG_0020.JPG

国分寺崖線の中にあり斜面を利用した見晴らしの良い美術館です。
IMG_0021.JPG

四季を通して庭園が美しい
IMG_0031.JPG

今は緑が眩しいほど
IMG_0033.JPG

二代社長岩崎弥之助
IMG_0035.JPG

IMG_0024.JPG

IMG_0025.JPG

IMG_0026.JPG

IMG_0027.JPG

IMG_0028.JPG

IMG_0029.JPG

国宝 曜変天目瑠璃色の虹彩が美しい
IMG_0001 (2).JPG

色絵法螺貝香炉 野々村仁清作 江戸時代
IMG_0003 (2).JPG

IMG_0005 (2).JPG

IMG_0007 (2).JPG

IMG_0008 (2).JPG

IMG_0010 (2).JPG

ランチ
暑い日のため軽くネギトロ丼の定食です。
IMG_0001.JPG

いつもご訪問有難うございます。













nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー