So-net無料ブログ作成
ボウリング ブログトップ
前の10件 | -

ボウリングープリンスカップ2011 [ボウリング]

12月の9日から11日まで品川のボウリング場で第34回JLBCクイーンズオープンプリンスカップがあり2日間応援に行って参りました。この試合はインターネットでリアルタイムに見ることが出来たそうなので、見られた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

私は10日の準決勝と最終回の決勝戦をずっと川口プロの後ろから応援をしておりました。と言いますのも、彼女の投げ方はアマチュアにとってとても参考になる事と吉田真由美プロや中谷優子プロ、姫路麗プロの後ろは人が一杯で見る事が出来ない状態でもありましたから。

比較的空いていた川口富美江プロの後ろに付いて移動しました。1ゲーム毎に3ボックス右に移動するのです。彼女のタイミングの良い素直な投球がとても参考になり勉強になりました。そしてそれが大当たりでした。彼女が優勝したのです。

長丁場を乗り切るには崩れない投球フォームとタイミング。それにはやはり強靭な足腰と忍耐強い精神力が大切ですね。川口プロは安定した投球で驚異的な230以上のスコアを出していました。彼女は2011年の賞金女王となり、松永裕美プロの3冠を阻みました。立ちっぱなしの応援でしたがとても楽しかったです(^^♪

開会式で挨拶をする中山律子会長
中山律子の挨拶.jpg

左から優勝の川口富江、2位進博美、3位五十嵐久乃、4位長谷川真美
左から川口、進、五十嵐、長谷川.jpg

試合途中の川口富美江プロ
川口富美江.jpg

試合終了後の川口プロと五十嵐プロ
川口富美江2.jpg 五十嵐.jpg

時本美津子プロは10位      片井文乃プロは賞には入らなかったけれど
                     好きなプロの一人です。
時本美津子.jpg 片井文乃.jpg

私は1月5日に初投げに行って参りました。12月は忙しくて大会にも
出られなかったので久しぶりのボウリングでしたが女子プロの投球を
参考にしながら4ゲームを投げましたが、上手くいきませんでした(笑)
でも週に何回か気軽に投げる事は健康と美容にとても良いスポーツ
だと思います。是非皆様もボウリングをお楽しみ下さいね。


nice!(18)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

BIG BOX東大和カップ~ボウリング [ボウリング]

先日BIG BOX東大和カップレデイスボウリングの応援に行ってきました。五月の男子SAP埼玉オープン以来の応援でした。最終日の8人によるラウンドロビンから4人のテレビ決勝までを観戦しました。

アマチュアが一人プロに混じってテレビ決勝まで勝ち上がり、見事3位に食い込みました。若い人達の力強いボウリングを見ていて、確実に若い世代に交代しつつあるように思いましたが、時本プロの7期生は42期生などの新人の中にあってベテランのパフォーマンスを見ることが出来ましたが、残念ながら6位に終わりました。

優勝は2008年に続いてアメリカのウェンデイー・マックファーソンが二度目の優勝をしました。力強いボウリングはラウンドロビン8ゲームにトップを一度も譲らずダントツ首位で残りました。テレビ決勝は4人のステップダラーで吉田真由美が生方千登勢に破れ4位に、生方はアマチュアの霜出佳奈に勝ち、ウェンデイーとの優勝決定戦に望みました。しかし生方は善戦しましたが、ウェンデイーの敵ではなかったようです。

左からアマチュアで3位の霜出佳奈、ウェンデイー、2位の生方、4位の吉田
表彰式.jpg

優勝者のウェンデイー・マクファーソン
優勝ウェンデイー・マックファーソン.jpg

準優勝者の生方千登勢
生方千登勢.jpg

3位のアマチュア霜出佳奈
霜出佳奈2.jpg

4位の吉田真由美
吉田真由美.jpg

5位の板倉奈智美(右) 6位の時本美津子(左)
時本と板倉.jpg

7位の柳 美穂
柳美穂2.jpg

8位の沢田玉美
沢田玉美.jpg

SAP埼玉オープントーナメント

2010年5月20日から23日にSAP草加ボウルで行われた、SAP埼玉オープントーナメントに矢島プロの応援に参りましたが、翌日に矢島プロは準決勝に進めませんでした。この日アメリカのパーカー・ボーン選手とショーン・ラッシュ選手が夜の部の試合に出るために私達が帰る支度をしていたところに、偶然にお会いしましたので、早速写真を撮らせて頂きました。 ちなみに今年の優勝者は大澤義樹、準優勝はパーカー・ボーンでした。

パーカー・ボーンとショーン・ラッシュ 
パーカー・ボーン.jpg ショーン・ラッシュ.jpg

昨年の優勝者の鈴木元司
鈴木元司.jpg

先日のゴルフの時、満開のアジサイを撮ってきました。

アジサイ.jpg

アジサイ2.jpg

額アジサイ.jpg
nice!(11)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

第59回世田谷区民体育会開会式~ボウリング [ボウリング]

9月の初めに世田谷区スポーツ財団による区民体育会開会式が、砧体育館で、39競技団体の代表を集めて、熊谷哲之区長ほか区議会議員や衆議院議員の方々も参列されて行われました。今年は第59回と云うことだそうで、昭和24年から世田谷区がスポーツの振興に力を入れている事が伺えます。

私はボウリングの代表の一員として出席させて頂きましたが、その他野球、柔道、バレーボール、蹴球など39団体の代表の方々が参列しました。式典のあと用賀小学校の3,4年生が可愛いい沖縄の踊り’エイサー’を披露してくれました。

一週間後に早速区民体育大会ボウリング大会が100人の参加者で行われ、楽しく3ゲームを投げました。表彰式は各部門に別れて行われました。

砧体育館入り口
砧体育館.jpg

熊谷哲之世田谷区長                   区会議長と小宮山議員
世田谷区長.jpg 世田谷区議長と小宮山洋子議員.jpg

用賀小学校3年生の沖縄の踊りエイサー
用賀小学校.jpg 

用賀小学校4.jpg

用賀小学校3.jpg 

プラカードを先頭に退場式
選手退場.jpg 選手退場2.jpg

区民体育大会ボウリング大会 100人の人達が3ゲームに挑戦!
区民体育会ボウリング.jpg

一般男子表彰式                  一般女子表彰式
一般男子表彰式.jpg 一般女子表彰式.jpg

シニア男子表彰式                 シニア女子表彰式
シニア男子表彰式.jpg シニア女子表彰式.jpg

ジュニア表彰式
ジュニア部門表彰式.jpg

砧体育館入り口の薔薇が綺麗に咲いていましたが・・・
砧体育館黄バラ.jpg

砧体育館バラ.jpg

いよいよ秋のスポーツシーズン到来ですね。スポーツは頭の働きや、健康増進、寝たきりにならないためにも多いに役に立つ事はわかっていても、中々出来ないものですね。私は家では「NHKのみんなの体操」が好きでやっていますが、どんな事でも続ける事が大切かなと思います。ボウリングは下手の横好きで継続は金と自負しています。

 


nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:スポーツ

2009SAP埼玉オープン~ボウリング [ボウリング]

SAP草加ボウリング場において、5月14日~17日までSAP埼玉オープンが開催されました。友達が北岡義美プロの応援に行くと言うことで、私は矢島純一プロの応援に一緒に行って来ました。

今年の大会は、22個もパーフェクトが出るハイスコアレーンで、見ている人は楽しいのですが、北岡プロは2日目で敗退してしまい、それに引き換え矢島プロは快進撃で、決勝戦迄進みました。前年の優勝者パーカ・ボーンも苦戦をしているようでした。

今年の優勝者は矢島純一を破って初優勝を果たした43歳の鈴木元司でした。わずか10ピン差で矢島プロの42勝を阻みました。ほんとに残念でしたが、鈴木プロの勝利への執念が勝ったのでしょうね。

昨年の優勝者のパーカー・ボーン               賞金ランキング1位の山本勲
パーカー・ボーンⅢ.jpg 山本勲.jpg

今回パーペクトを打った酒井武雄               まだ1勝だが若手のイケメン、木村広一
埼玉オープン 酒井武雄.jpg 埼玉オープン 木村広一.jpg

草加ボウルで出会ったプロに写真を撮らせて頂きました。パーカー・ボーンにはサインまで頂きました。240~250を打たないと勝てないハイスコアレーンなので、ストライクが途切れると負けとなる、厳しい試合ばかりでした。見ている方は、ストライクの快音にストレス解消出来ますが、プロの戦いは、やっぱり厳しいものですね。

おまけ。 ジャパンカップの後の4月29日に私達のボウリング場にPBAのショーン・ラッシュが来てくれました。4ゲームのチャレンジですが、4ゲームで1000ピン以上打って豪腕の証明をしてくれました。さすが!!一人も勝てませんでしたね。

ウェアにサインと写真を撮らせてもらいましたが、まだ26歳のアラスカ生まれのイケメンはオムツと言うあだ名の通り、愛想はないけれど、幼さの残る可愛いプロでした。

2009ジャパンカップショーン・ラッシュ.jpg

2009ショーン・ラッシュ.jpg 2009ショーン・ラッシュ2.jpg
豪快なボウリングをする彼のサインとは思えない位小さな優しい字で、はにかみながらサインをしてくれました。まだこう云う状況に慣れていないのかも・・・


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ

ジャパンカップ2009~ボウリング [ボウリング]

>ジャパンカップ2009年のボウリングが東京品川プリンスホテルボウリングセンターで、4月23日から25日に、26日のファイナルは東京体育館、特設レーンで開催されました。アメリカのプロ(PBA)21名、日本のプロ(JPBA)180名。アマチュア189名と沢山の出場者が難関を突破して品川に集まりました。

23日はプロ選抜大会、180名から31名選出。24日はシードプロ、PBAプロ、アマチュア34名。合計144名による、本大会予選12ゲームが行われました。私は朝から応援に行ってきました。PBAのクリス・バーンやパーカー・ボーン、ピート・ウェーバーなど歴代優勝者の他に若手のショーン・ラッシュ、ライノ・ページ、ビル・オニール、私の好きなクリス・ロシエッターなどが1ゲーム毎にレーンチェンジしながら、午前中に6ゲーム午後6ゲームを投げ、上位48名が選出されます。予選トップはウェス・マロット、2位はパトリック・アレン、3位ミカ・コイブニエミ。JPBAトップは9位で鈴木元司、山本勲は11位でした。

25日は朝から1回戦がトーナメント方式で行われていました。1対1のサバイバルゲームで、先に3勝しなければなりません。見ていても力が入ります。予選16位までの選手がシードで1回戦が免除の特典があります。PBAの選手9名と、JPBAでは矢島純一、北岡義美、山本勲、水野成祐、長谷宏らがシードでしたが、3回戦へ行けたのは、北岡と山本だけでしたが、決勝へは行けませんでした。反対にシード入り出来なかっけれど、1回戦から勝ち上がって決勝まで行けたのは、市原竜太、大澤義樹、坂田重徳プロの三選手でした。PBAも三人、韓国が二人でバランス良く決勝に残った感じになりました。

26日は私は行けませんでしたが、東京体育館、特設レーンで決勝戦が行われました。8名によるトーナメント方式。1勝で勝ちあがり、準決勝、決勝戦となります。やはりPBA同志の対決でウェス・マロットに勝利したパトリック・アレンがジャパンカップ2009の優勝者となりました。

決勝戦のTVファイナルで、ライノ・ページがパーフェクトを達成し1千万円を獲得しました。先日、日本の山本勲がジャパンオープンのTVファイナルで300を打って1千万を獲得したばかりでしたので、驚きました。
準決勝の時には坂田重徳とパトリック・アレンが私の目の前で300を打ち、今大会では9個目となり、10個目がTVファイナルの劇的なパーフェクトとなったのでした。

ファイナルへ勝ち抜いた8名のプロ達。明日の決勝に望みます。左端からウェス・マロット、市原竜太、ジョン・テハ、ライノ・ページ、大澤義樹、ビョン・ヨンハン、坂田重徳、パトリック・アレン
ジャパンカップ2009.jpg

予選1位通過のウェス・マロット 決勝では2位でしたが。右、ライノ・ページ、決勝でパーフェクトを出した。
ジャパンカップ2009ウエス・マロット.jpg ジャパンカップ2009ライノ・ページ.jpg


45勝のウオールターも今回は予選48位通過の不調。クリス・バーンズも2回戦敗退。右、ウルフとオニール
ジャパンカップ2009ウオルターとクリス・バーン.jpg ジャパンカップ2009ウルフとオニール.jpg


前回の優勝者のミカ・コイブニエミ、右は私が応援しているクリス・ロシェッター今回は不調でした。
ジャパンカップ2009ミカ.jpg ジャパンカップ2009クリス・ロシェッター.jpg

若手の豪腕、ショーン・ラッシュ。右、ジャパンカップを連覇している、トミー・ジョーンズ
ジャパンカップ2009ショーン・ラッシュ.jpg ジャパンカップ2009トミー・ジョンズ.jpg

パーカー・ボーンに3勝して決勝に進んだ坂田重徳。右、日本の若手、市原竜太
ジャパンカップ2009坂田.jpg ジャパンカップ2009市原.jpg

無冠の帝王を返上、初優勝し日本にやって来た、ブラット・アンジェロ。右、ピート・ウェーバー34勝の日本ではおなじみのプロ。
ジャパンカップ2009アンジェロ.jpg ジャパンカップ2009ピート・ウェーバー.jpg

韓国のエース、ジョン・テハ、日本でもおなじみのプロ。右、北岡義実、3回戦でパトリック・アレンに負けて決勝に進めず。
ジャパンカップ2009ジョン・テハ.jpg ジャパンカップ2009北岡.jpg

ジャパンカップのテレビ放映は2009年5月4日(月・祝)NHK衛星第1で、第1部16:10~17:00 第2部17:10~18:00の予定ですが、都合により変更される事もあるそうです。パーフェクトも見られますから是非ご覧になって下さいね。


nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:スポーツ

BIGBOX東大和cup2008~レディスボウリング [ボウリング]

2008.7月2日~7月5日の4日間、BIGBOX東大和ボウリング場に於いてレデイスオープン
ボウリングトーナメントが行われました。
参加者はプロ117名、アマ202名(センター予選会通過者、選抜大会参加者190名)。
2日、3日、4日の予選、準決勝を勝ち抜いた通過者8名のみが、5日(土)の本大会決勝ラウンド
ロビン8ゲームに進出する事が出来ます。ほんとに過酷なサバイバルゲームですね。

決勝ラウンドロビンは総当り7ゲーム+ポジションマッチ1ゲームで、その中の上位4名が
決勝ステップラダー方式のテレビ決勝に進出します。
優勝とは途方もなく遠い道のりですね~

今年の上位4名は1位がアメリカの女子プロのウェンデイ・マックファーソン、
とても力強いボールで、ストライクを連発。2位が斉藤志乃ぶ、75勝をしている実力派。
3位、松永裕美はプロテスト1位通過の若手選手。4位は、丹羽由香梨、松永より二年先輩の
プロ入り。

TV決勝ステップダラーは4位と3位の勝った方が2位と、それに勝った方が1位と
順位を上げて行く決勝戦です。1ゲームだけの闘いは運も実力の内と云われる様に
運を呼び込むだけの強さがなければ優勝出来ない様ですね。

結果 優勝者はウエンディー・マックファーソン。準優勝は斉藤志乃ぶ。3位は松永裕美。
4位は丹羽由香梨と番狂わせはなく、順位は変わらずでした。

  表彰式 左端はベストアマの張ヶ谷順子さん
ビッグボックス東大和CUP.jpg
 優勝 ウェンディー・マックファーソン         準優勝 斉藤志乃ぶ
2008優勝者.jpg 2008         準優勝.jpg3位 松永裕美                4位 丹羽由香梨
2008三位.jpg 2008四位.jpg
 スカイAパーフエクトボウリングの司会者 岩下隆さん
2008スカイA司会者.jpg

このBIGBOX東大和CUPの放送は、スカイA 土曜日の6時30分~放送されます。
日時は9月6日、9月13日、9月20日。ラウンドロビンの8ゲームと決勝ステップダラーの3ゲーム。
(時間は変更される事があります)

準決勝トータルピン成績上位8名は中谷優子、松永裕美、時本美津子、吉田真由美、丹羽由香梨、
ウェンディー・マックファーソン、斉藤志乃ぶ、中島政江の8名でした。ラウンドロビンは勝ち点が30
ポイント付きますので、対戦相手に勝ってビッグゲームを打たないと上位に残れませんね。
ウェンディーは6位残り、斉藤志乃ぶは7位残りからの優勝と準優勝ですから、最後まで
わかりませんね~

私は斉藤志乃ぶさんの長年のファンなので、最後のウェンディーに負けたのがとても残念でした。




nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

クリス・バーン世田谷へ~ボウリング [ボウリング]

ジャパンカップで来日している、PBAのクリス・バーンが26日世田谷のボウリング場へ遊びに来てくれました。私は一番のファンなので飛んで行きました。3ゲームのチャレンジゲームでしたが、試合前は写真撮りやサイン会、投球の撮影だのと彼は笑顔で応じていました。PBAの中で一番格好良い強い選手ですね。今年は残念ながらテレビ決勝では見られませんが。( ジャパンカップのテレビ放映は10月3日(水)19:10分~20:00.第2部は20:10~21:00.NHK衛星第1テレビ)変更する事がありますからご了承下さい。

試合前、試合と言ってもチャレンジゲームのお遊び見たいなもの。

投球練習。とても格好いいフォームですね。

プロ一期生の矢島純一とクリス・バーン。 クリスは身長183cm’70年生まれ。矢島は還暦を過ぎていますが、現役ですね。

ゲームはクリスが3ゲームで710?位打ちましたが、3名の人がクリスに勝利したようですね。やっぱり凄いですね。何人かを勝たせるのもご愛嬌です。ハンデを貰っていてもアマチュアの人は頑張りましたね。とても楽しいイベントでした。


nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:スポーツ

ジャパンカップ2007-ボウリング [ボウリング]

今年もジャパンカップがやって来ました。アメリカのプロ20名、日本のプロ104名、アマ20名、総勢144名で、9月21日、22日の2日間品川プリンスホテルボウリング場に於いて予選、準決勝が行われ、ファイナルは東京体育館で、8名による優勝決定戦が行われました。今回は皆の選手を見たいために、予選と準決勝だけの応援をしてきました。第一日目は144名から上位64名の選出。第二日目はトーナメント方式で32名になる、サバイバルゲームで見ごたえ十分、16名から準々決勝で8名に。8名はTVファイナル出場で23日の東京体育館の特設会場で行われます。今年は有望なPBA選手が落選し、JPBA5名、韓国1名の8名がファイナル出場となりました。結果は日本がチャンスだったけれど結局はPBA選手が優勝、準優勝を独占してしまいした。

優勝はミカ・コイブニエミ。準優勝はマイク・ウルフ。

↑予選でパーフェクトを打ったクリス・ロスチェッター。若手のホープで、今回ずっと彼を応援していました。残念ながらベスト16で負けましたが。

↑ショーン・ラッシュ。今回初めての来日のフレッシュな3選手の中の一人で、ベスト16で負けましたけれど、有望選手です。私が好きなクリス・バーンやノーム・デユーク、ピート・ウェーバー、去年の優勝者ウオター・レイ・ウイリアムスもベスト32で負けました。詳しいことはボウリング場協会のホームページをご覧下さい。http://www.jpba.or.jp/

 二年間日本選手はファイナルに残る事が出来なかったので、今年は5名も残ったので、優勝のチャンスでしたが、PBAの迫力あるボウリングに勝つ事ができませんでしたね~PBAのボウリングはやっぱり見ごたえがあり、見ていて楽しいですね。今年は満喫しました。

 

 

 

 

 


nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

並木恵美子プローボウリング [ボウリング]

私は週一回並木恵美子プロのレッスン教室でボウリングをしています。彼女はプロ第一期生で中山律子プロと同期です。ボウリング最盛期には彼女も脚光を浴びていました。その頃の事は詳しくは知らなかったのですが、彼女のホームページを見て驚きました。彼女はボウリングを初めて10ヶ月でプロになったのです。それも20歳の最年少で。プロ合格一位は須田開代子、二位は中山律子で、並木恵美子は五位でした。彼女のボウリングは今でも迫力があり、私達を唸らせています。興味のある方は彼女のホームページをご覧下さい。http://www.namikiemix.com/

ボウリング場では写真が良く撮れなくて済みません。レッスンの時撮らせて頂きました。

 

 


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:スポーツ

ビッグボックス東大和カップ2007-ボウリング [ボウリング]

7月7日西武新宿線東大和駅下車、東大和ボウリング場で、レディースオープンボウリングトーナメント、東大和カップが行われました。去年も応援に行き清水弘子が優勝しました。

今年はテレビ決勝に残った1位は清水弘子でしたが、2位で残った板倉奈智美に負けて準優勝に終わりました。3位は大山由里香、4位は近藤文美でした。惜しくも5位とテレビ決勝を逃したのはビッグボックス高田馬場所属の山内多紀子でした。

写真が下手で済みません。左から優勝の板倉奈智美、準優勝の清水弘子、3位の大山由里香、4位近藤文美。優勝ジャケットが小さくて着られないため、肩に掛けている、彼女が大き過ぎた?のでしょうね。

優勝の板倉奈智美プロ

 

準優勝の清水弘子プロ                     3位の大山由里香プロ

 

4位の近藤文美プロ                      5位の山内多紀子プロ

プロ1期生、現在ボウリング協会会長の中山律子プロ。

ボウリング場が暗くて良い写真が撮れずに済みません。私のカメラの機能を色々使って見るのですが

上手に出来ませんでした。プロの熱い戦いは木曜日から始まり、今日は8名の総当りで4名になり、

4位から勝ち上がってい1位で待つ人と決定戦となる。気が遠くなるような闘いの末の栄冠はほんとうに

実力と運の世界でした。トッププロのストライクを連発する美技は、見ていて楽しくもありため息ばかりで

見とれるばかりでした。

 

 

 


nice!(7)  コメント(6) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ボウリング ブログトップ