So-net無料ブログ作成
検索選択

ロシアへ行って参りました~モスクワ&サンクトペテルブルグ3 [旅行]

モスクワから1時間25分でサンクトペテルブルグのプルコヴォ空港到着です。人口500万人のロシア第二の都市です。18世紀にピョートル大帝がヨーロッパへの窓を探し求めて、ネヴァ川の河口に人工的に造った街です。

その後この街は世界的な文学とバレエを生み、政治的には1918年までロシアの首都として機能しました。ロマノフ王朝の栄華と終焉、革命の理想と挫折、ナチスドイツによる悲劇、その短い歴史の中でペトログラード、レニングラード、と街の名を変え、再びサンクトペテルブルグと元の名に戻る事が出来ました。

現在のサンクトペテルブルグは開放的でヨーロッパ的そして文化芸術の街です。モスクワは対照的に保守的、ロシア的な雰囲気は確かに感じられますが、決して嫌いではない歴史的重みを感じる都市でした。

モスクワからサンクトペテルブルグの旧海軍省まで東西を横断している、ネフスキー大通りの一角に面したホテルに4連泊します。ゆったりとした中にハードな毎日のスケジュールのスタートです。大変ですが楽しみな日々の始まりです。

ベルモンド・グランド・ホテル・ヨーロッパ の正面です。
IMG_0001.JPG

IMG_0079.JPG

ネフスキー大通りに面した広いお部屋です。テレビは収納されています。
見る時は自動で上げ、回転自由な日本語放送も見られます。
IMG_0083.JPG

毎朝バイキングを頂くレストランです。
IMG_0037.JPG

私の朝の食事です。
IMG_0041.JPG

IMG_0040.JPG

時々朝のピアノの生演奏があります。
IMG_0046.JPG

ホテルの窓から朝のネフスキー大通り。時計台の鐘は15分如に軽く鳴ります。
IMG_0003.JPG

IMG_0005.JPG

左側の建物は有名な大百貨店、ゴスチーニ・ドゥヴォール
白い四角の建物は地下鉄の入り口、ポール・チクです。
IMG_0002.JPG

ガイドさんはロシア人のゲオルギーさん
通称(ジョージさん)後のバスで観光します。
IMG_0013.JPG

ニコライ聖堂
エリザヴェータブルーと云われる女帝好みのブルーが優しい!
IMG_0011.JPG

ロシア正教独特の金色の丸屋根が美しい。日本神田のニコライ堂と内部もよく似ていて懐かしい気が致します。
IMG_0020.JPG

ユスポフ宮殿
怪僧ラスプーチンが暗殺された事でも知られる貴族の宮殿。
この街で随一の富豪と云われた貴族の邸宅です。
IMG_0030.JPG

IMG_0045.JPG

IMG_0039.JPG

IMG_0046.JPG

大ホールで男性合唱のハーモニーの美しいロシアの歌を聴かせて頂きました。
IMG_0055.JPG

宮殿内には小規模ながら劇場までが存在していました。
IMG_0059.JPG

個人の邸宅としては装飾も豪華!
IMG_0062.JPG

夕食
ホテル キャビアバーにて
IMG_0002.JPG

蛸とサーモンのカルパッチョ
IMG_0001.JPG

ステーキ
IMG_0003.JPG

ベリーとチョコのデザート
IMG_0004.JPG

コーヒー
IMG_0005.JPG

明日はカザン大聖堂、イサーク大聖堂、血の上の救世主教会などホテル近くの観光です。

いつもご訪問有難うございます








nice!(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロシアに行って参りました~モスクワ&サンクトペテルブルグ2 [旅行]

今日はクレムリン城壁2.3kmの中の観光です。入る前に赤の広場に建つ玉葱のようなドームのポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院)の見学です。対モンゴルの戦勝記念にイワン雷帝によって1560年に建てられました。鮮やかな彩色が美しい。

こちらは裏側ですが美しい。左の塔はスパスカヤ塔です。
IMG_0076.JPG

こちらが表側です。赤の広場には人がいっぱい
IMG_0084.JPG

左側は城壁。赤の広場
IMG_0091.JPG

クレムリンの城壁の右は歴史博物館
IMG_0090.JPG

スパスカヤ塔は公用門 大統領もこの門を使用します。赤の広場の中です。
IMG_0089.JPG

クレムリンへの一般の入口はこちらトロイッツカヤ塔です。赤の広場の反対側。
IMG_0014.JPG

アレクサンドロフスキー庭園 緑が美しい
IMG_0018.JPG

可愛いい衛兵が立っています。右側を通ります。
IMG_0020.JPG

トロイッツカヤ塔はクレムリンの望楼の中で最も高い塔です。
IMG_0021.JPG

クレムリンはロシアの政治、宗教、文化の中心。大統領府など政府関係の建物のほか、聖堂や武器庫(博物館)もあります。私達はダイヤモンド庫を見学出来ましたが、撮影不可です。ロマノフ王朝を中心に歴代皇帝や王妃の王冠や玉座、衣装やアクセサリーなど豪華なロシアの宝石の数々。目も眩むほどの素晴らしさでした。

クレムリン大会宮殿
IMG_0022.JPG

十二使徒教会
IMG_0026.JPG

ブラゴヴェシェンスキー大聖堂
IMG_0031.JPG

ウスペンスキー大聖堂 クレムリンの中心に立つ大聖堂。かってロシア皇帝の戴冠式やモスクワ主教の葬儀など。壁や屋根にイコンとフレスコ画が描かれ扉上のフレスコ画は17世紀に描かれたもの。
IMG_0039.JPG

鐘の皇帝 鋳造途中の火災で未完成に終わったため、誰もこの鐘の音を聞いた事がないとか。
IMG_0040.JPG

大クレムリン宮殿
IMG_0058.JPG

イワン大帝の鐘楼
IMG_0066.JPG

大砲の皇帝 一度も発砲された事がない大砲とか。弾丸は飾りで19世紀に作られた1トンあるとか。
IMG_0071.JPG

クレムリンを出て地下鉄に乗りました。アルバッカヤ駅からスモレンスカヤ駅、キエフスカヤ駅の構内の見学。夕方の混雑の中、皆忙しそうでも静かでした。
地下鉄の券売機です。
IMG_0076.JPG

エスカレーターの長いこと、そして早い。左側を空ける
IMG_0081.JPG

地下鉄の壁面は美術館のように彫刻が美しい。
IMG_0083.JPG

本当に美しい駅構内です。
IMG_0092.JPG

IMG_0098.JPG

IMG_0087.JPG

IMG_0088.JPG

IMG_0096.JPG

構内は静かです。
IMG_0102.JPG

上りのエスカレーターで地上へ
IMG_0105.JPG

ランチはピロシキの店です。
IMG_0115.JPG
サラダ
IMG_0111.JPG
ピロシキ
IMG_0112.JPG
ピロシキはひき肉、キャベツ、キノコの三種。
IMG_0113.JPG
サーモンのグリル
IMG_0114.JPG
チーズケーキ
IMG_0118.JPG
ハーブティー
IMG_0119.JPG
 
夕方からのクルーズをパス、添乗員さんとデパートへ買い物に。近くを散歩しました。
革命広場とマルクス像
IMG_0121.JPG

ボリショイ劇場 今回はパフォーマンスを楽しむ事はできませんでしたが。
IMG_0123.JPG

IMG_0126.JPG

IMG_0128.JPG

ロシア人ガイドさんのエレーナさんです。足が長くて真面目な方でした。
IMG_0041.JPG

明日はサンクトペテルブルグに移動します。モスクワは奥の深い歴史的遺産の宝庫。落ち着いた街で、人々は礼儀正しく真面目な印象です。

いつもご訪問有難うございます。





















タグ:、ピロシキ
nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ロシアに行って参りました~モスクワ&サンクトペテルブルグ [旅行]

五月の中頃ロシアへ行って参りました。モスクワのドモジェドモ空港到着。真っ青の空に五月の爽やかな風と新緑の美しい季節がお出迎えでした。

ホテルは中心部より少し北方面のペトロフカ通り、ボリショイ劇場の近くです。有名ブランド店が並ぶ地域ですが、道路工事中でいつも渋滞していました。こちらに3連泊し、帝都モスクワの華麗なる遺産見学へスタート!丸2日間でどれだけの出会いがあるのでしょうか。

モスクワ ドモジェドモ空港
IMG_0018.JPG

ホテルへ向かうバスの中より撮影
IMG_0020.JPG

クレムリンの赤い城壁とモスクワ川
IMG_0027.JPG

ロシアは銅像がいっぱいです。
IMG_0037.JPG

街の中は歴史的建造物がアートのようです。
IMG_0042.JPG

人々は皆瀟洒な服装で脚が長く恰好いいですね。
IMG_0044.JPG

広い土地柄か公園が沢山あり新緑が美しい
IMG_0049.JPG

沢山の人々がゆったりと初夏の訪れを楽しんでいるようですね。
IMG_0048.JPG

私達が3連泊する静かなホテルです。
IMG_0004.JPG

ホテルのエントランスの天井
IMG_0051.JPG

いつも朝食をとるレストランです。
IMG_0008.JPG

このバスがお出迎え。イケメンの運転手さんです。
IMG_0029.JPG

モスクワ市内観光一日目
モスクワの人口1600万人。雀が丘へ行く前にモスクワ大学の写真を撮るためバスストップ

モスクワ大学はロシアの東京大学である。創設者はミハイル・ロモノーソフ。もともとはクレムリンの北側に創設。1953年にスターリン・クラシック様式の学舎が建てられここに移転された。高さ236m、幅450m。モスクワにある7つのクラシック様式では最大。
IMG_0024.JPG

IMG_0027.JPG

IMG_0028.JPG

ボラビョフの丘(雀が丘)240mの丘陵地から市街地を一望。 新緑が美しい
ビジネス街の高層ビル以外は高い建物は見られない。
IMG_0032.JPG

ドームレーニンスタジアム。緑が多い
IMG_0031.JPG

ノヴォデビチ修道院へ。1524年にスモレンスクがモスクワ大公国に併合されたのを記念してヴァシーリー3世の命で建てられた女子修道院。ユネスコの世界文化遺産に登録されています。
IMG_0049.JPG

スモレンスキー聖堂
IMG_0050.JPG

素敵な散歩道です。
IMG_0052.JPG

絶景スポットです。
IMG_0055.JPG

ランチはキエフ風カツレツです。パンが美味しい
IMG_0102.JPG

ツナサラダ
IMG_0103.JPG

キエフ風カツレツ
IMG_0104.JPG

デザート 焼き林檎
IMG_0105.JPG

ハーブティー
IMG_0107.JPG

午後はトレチャコフ美術館へ。
イコンなど中世の宗教美術から21世紀初頭までのロシアの美術を集めた美術館です。
IMG_0124.JPG

「見知らぬ女」 IN.クラムスコイ
IMG_0153.JPG

「ロプヒナの肖像」ウラジーミル・ボロヴィコフス
IMG_0128.JPG

「刺繍をする人」トロピーニン
IMG_0140.JPG

「ドフトエフスキーの肖像」ペローフ
IMG_0148.JPG

「民衆の前に現れたキリスト」A.Aイワーノフ
IMG_0136.JPG

「モロゾワ侯爵夫人」スリコフ
IMG_0165.JPG

「松林の朝」I.I.シーシキン この絵はチョコレートのパッケージにも使われたとか。
IMG_0159.JPG

「イコン」は板の上に描かれた聖なるイメージのこと
IMG_0173.JPG

IMG_0172.JPG

次回はクレムリン観光とカラフルな聖ワシリー寺院他です。お楽しみに!

いつもご訪問有難うございます。





















nice!(27) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

成田山新勝寺と佐倉のチューリップ [旅行]

4月の始めに千葉成田方面に桜とチューリップを見に世田谷の友達と参加しました。今年は異常気象で桜やチューリップの開花時期が遅れたようです。成田山新勝寺は初めての参詣でしたが、広い境内に大本堂、釈迦堂、鐘楼などと、美しい三重塔が整然と配置され素晴らしい寺院でした。

その前に飛行機と桜を見る事が出来る成田さくらの山公園に参りましたが、ソメイヨシノは蕾状態でした。日常の離着陸の轟音の大変さを思いながら機影を追うひと時でした。

成田さくらの山公園
コヒガン桜がまだ咲いていました
IMG_1262.JPG

IMG_1264.JPG

駐車場にしだれ桜が少し
IMG_1268.JPG

IMG_1270.JPG

飛び立った機影
IMG_1258.JPG

着陸する機影
IMG_1267.JPG

成田山新勝寺
お寺までの参道
IMG_1276.JPG

成田山新勝寺の総門
IMG_1316.JPG

仁王門
IMG_1315.JPG

大本堂 お線香の煙が
IMG_1301.JPG

IMG_1300.JPG

IMG_1296.JPG

美しい三重塔
IMG_1306.JPG

IMG_1304.JPG

広い境内
IMG_1294.JPG

米屋のドライブインで昼食 とても美味しい!
IMG_1319.JPG IMG_1323.JPG

IMG_1321.JPG IMG_1322.JPG

佐倉ふるさとひろば
IMG_1327.JPG

60万株のチューリップ(まだ余り咲いていませんが)
IMG_1329.JPG

風車が回っています
IMG_1330.JPG

黄色や赤、ピンクなどまだ肌寒い中、可憐に咲いていました
IMG_1333.JPG

IMG_1336.JPG

IMG_1341.JPG

IMG_1343.JPG

風格のある風車でした
IMG_1358.JPG

風車の内部 上る事も出来ます
IMG_1355.JPG

いつもご訪問有難うございます

















nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾へ行って参りました。(3) [旅行]

台湾の最終回です。
前の日の夕方九分(分に人偏がついています)に到着。九分は太平洋に面していて、晴れていれば海岸線の美しい絶景ポイントが見られます。一山全部が観光スポットという感じです。

九分は戦前金鉱があった金瓜石に近く、ゴールドラッシュに沸いた街でした。戦後金鉱は閉山し、衰退して行ったけれど、1989年映画「悲情城市」で一躍脚光を浴びた。現在は急な坂道や石段を逆手に両側には民芸品やお土産屋さんが並び、レストランカフェもあり、美しい景色と夜の赤い提灯が点る幻想的な街へと変貌していきました。

日本アニメ「千と千尋の神隠し」の構想のモデルになったとも言われています。千尋が迷い込む魔法の国の旅館や海と山の雰囲気が良く似ているように思いました。

生憎の雨で狭い階段は傘がひしめいていました。
IMG_0494.JPG

娘とはぐれないように上ります。大混雑です。
IMG_0495.JPG

見上げる場所に赤い提灯のレストランが幾つもあります。
IMG_0493.JPG

ここは昔映画館だったそうです。今は繁栄を伝える劇場に。
IMG_0491.JPG

ここは夕食の場所の阿妹茶酒館です。
IMG_0500.JPG

夕食までの一時間ほど街散歩です。
IMG_0498.JPG

絶景のポイントですが、雨で霞んでいます。海の向こうは日本です。
IMG_0503.JPG

IMG_0516.JPG

海側にホテルやカフェが密集しています。
IMG_0505.JPG

IMG_0514.JPG

絶壁のちょっと怖いカフェです。この辺りが山の頂上です。
IMG_0506.JPG

お店の他にはこんな所も。お参りをしている人も。
IMG_0512.JPG

夕暮れになると赤い灯が点り優しい雰囲気に。
IMG_0518.JPG

IMG_0532.JPG

阿妹茶酒館の何か懐かしい夕食メニューです。
IMG_0520.JPG IMG_0521.JPG

IMG_0523.JPG IMG_0524.JPG

IMG_0525.JPG IMG_0526.JPG

翌日は半日の自由行動です。
中山駅から地下鉄で台大医院下車
IMG_0540.JPG

台大医院駅のアートなホームです。
IMG_0542.JPG

総統府
1919年竣工の日本統治時代のルネッサンス様式の壮麗な建築です。
IMG_0545.JPG

二二八和平公園は都会のオアシスです。
IMG_0546.JPG

二二八事件とは?1948年の台北市での弾圧事件とか。
IMG_0553.JPG

ビル群とのコントラストが美しい静かな公園です。
IMG_0555.JPG

国立台湾博物館は公園内にありました。
1915年日本の児玉・後藤記念館として創建。国の指定文化財となっている美しい博物館です。
IMG_0562.JPG

台北駅周辺は台湾の歴史が詰まったスポットが終結しています。
IMG_0568.JPG

駅構内のフードコートやお土産屋店には観光客がいっぱいとか。
IMG_0571.JPG

おしゃれなカフェで一休み
IMG_0583.JPG

新光三越は台北市内に7店もある人気のデパートです。
IMG_0584.JPG

帰る前のホテル近くの公園散策
IMG_0590.JPG

IMG_0591.JPG

来る時のJALの機内食ランチです。
IMG_0164.JPG IMG_0170.JPG

帰りのJALの機内食デイナーです。
IMG_0603.JPG IMG_0601.JPG

IMG_0600.JPG IMG_0599.JPG

帰りの機内から見た美くしい十三夜です!
IMG_0596.JPG IMG_0604.JPG

二泊三日の台北旅行を最後まで御覧頂き有難うございました。台湾は親日家の方も多くとても優しい街でした。またゆっくりと行って見たい国の一つです。

おまけ
立春の暖かい絶好のゴルフ日和でしたが、帰りは東名の4時間地獄の大渋滞にはまってしまいました。誰しも大変ですが、運転者が一番大変です。心より感謝です。
IMG_0830.JPG

いつも同じ場所からの写真ですみません。
IMG_0824.JPG

IMG_0839.JPG

IMG_0870.JPG

IMG_0863.JPG

パラグライダーが10機ほど乱れ飛んでいました。
IMG_0851.JPG

IMG_0861.JPG

ハンバーグのランチです。ここの食事は何でも美味しいです。
IMG_0876.JPG

いつもご訪問有難うございます。























nice!(29) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾に行って参りました。(2) [旅行]

台湾の続きです
忠烈祠は辛亥革命や抗日戦線などで命を落とした国軍軍人の英霊を祀る、かって日本の護国神社があった場所です。衛兵の交代式が厳かにそして勇ましく行われます。一糸乱れぬ衛兵の動きに感動します。

故宮博物院の見学は時間がなかったので、残念ながら3階の清朝の秘宝が集められているメインの文物を見る位でした。この次にゆっくりともう一度見たいと思います。

それは翠玉白菜。故宮の代表的人気宝物、翡翠の原石で作られた白菜です。全長19cmほどに緑の葉先にキリギリスとイナゴがしがみついており、子孫繁栄を意味しているとか。その他毛公鼎、九層象牙球、唐傭立女傭など、故宮の至宝コレクションが年代毎に分けて展示されています。探す事が出来ないものもありました。

中正紀念堂台北の中心部で威容を誇る蒋介石を記念して建てられた巨大モニュメントです。八角形の屋根は忠、孝、仁、愛、信、義、和、平の八徳を表しているそうです。

昼食は日本でも人気の鼎泰豊で小籠包、また、台北で超人気のマンゴウのかき氷を頂きました。有名店のあちこちに行列が出来ており、日本と同じ光景に納得したり、苦笑したりしていました。

忠烈祠の衛兵の交代式は陸、海、空軍から選抜された衛兵が
1時間毎に大門と大殿を守護するため行われている。
IMG_0304.JPG

IMG_0312.JPG

IMG_0319.JPG

IMG_0320.JPG

IMG_0337.JPG

IMG_0340.JPG

故宮博物院の一部です
IMG_0401.JPG

IMG_0402.JPG

毛公鼎は2800年以上前のもので内側に500字の銘文が刻まれ、
古代史を知る文献にもなっているそうです。
IMG_0360.JPG

翠玉白菜は翡翠の原石で作られ、キリギリスとイナゴがしがみついています。
IMG_0371.JPG

IMG_0368.JPG

翡翠で作られている屏風
IMG_0381.JPG

IMG_0385.JPG

IMG_0392.JPG

IMG_0387.JPG

唐傭立女傭ふっくらとした微笑み、唐三彩と云われるものです。
IMG_0388.JPG

IMG_0393.JPG

IMG_0390.JPG

IMG_0394.JPG

中正紀念堂は市内の中心部に蒋介石を記念して1980年に建てられ、
建物の高さは70mもあり、ここでも衛兵の交代式があるそうです。
IMG_0437.JPG

座像までの高さは本人の死亡年齢の89段あるとか。
IMG_0432.JPG

広場の中国式庭園が美しい
IMG_0426.JPG

IMG_0433.JPG

IMG_0435.JPG

鼎泰豊の小籠包は熟練の技を世界に誇る、肉あんとスープの味が絶妙で、中身にもいくつかのバリエーションがあります。日本でも人気のお店です。
IMG_0404.JPG IMG_0405.JPG

IMG_0406.JPG IMG_0407.JPG

IMG_0408.JPG IMG_0409.JPG

IMG_0410.JPG IMG_0411.JPG

IMG_0413.JPG IMG_0415.JPG

マンゴウのかき氷はふわふわ氷にマンゴウのトッピング。絶品の美味しさです。
IMG_0472.JPG

次回は太平洋に面した風光明媚で幻想的な街、九分へ。自由行動で総統府や地下鉄散歩します。次回も宜しくお願いいたします。

いつもご訪問有難うございます。
















nice!(27) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

台湾へ行って参りました。 [旅行]

昨年の12月に二泊三日で台湾台北を中心に初めて行って参りました。まるで国内旅行のような手軽さですね。日本の10月位の気候で、首都らしく整備された美しい街でした。日本と余り変わらない安全と優しさを感じる街です。違う所は派手な色合いの神社やお寺の極彩色、信心深い人々の真剣なお参りの姿などでしょうか。

運気上昇台北の3大パワースポットと云われてる行天宮龍山寺霞海城皇廟、へお参りしました。それぞれ縁結び、安産、恋愛成就、商売繁盛など皆熱心にお参りをしていました。

行天宮は商売繁盛の関羽帝が祀られているとか
IMG_0212.JPG

IMG_0213.JPG

龍山寺は本尊観世音大菩薩。 縁結びの神として月下老人が人気とか
IMG_0462.JPG

IMG_0459.JPG

IMG_0469.JPG

霞海城皇廟は縁結びスポットとか
IMG_0479.JPG

IMG_0481.JPG

淡水は台北からバスで40分ほどの淡水河の河口に開けたレトロの街。
淡水の情人橋(恋人橋)全長164m。風が強い
IMG_0225.JPG

漁人馬頭
IMG_0228.JPG

河を挟んで観音山を望む観光港 夕日が美しいとか
IMG_0230.JPG

淡水老街と言われる古い町並みが残る活気に満ちたストリート
IMG_0250.JPG

IMG_0249.JPG

リージェント台北ホテル内の晶華軒で夕食
海老の辛口焼き
IMG_0269.JPG

ほうれん草の翡翠仕立て
IMG_0270.JPG

ダックそぼろのレタス包み
IMG_0277.JPG

エリンギの旬の野菜添え
IMG_0278.JPG

蒸し鱸の魚醤油かけ
IMG_0279.JPG

海鮮チャンハン
IMG_0280.JPG

季節のフルーツ
IMG_0281.JPG

ホテルの巨大クリスマスツリー
IMG_0285.JPG

台北101タワーの展望台へ上りました。
508mの台湾1の高層ビル。
展望台は地上382m、89階のシンボルタワー。
IMG_0255.JPG

雨の夜景は曇りがちです
IMG_0261.JPG

極彩色のネオンが中国らしい夜景です
IMG_0262.JPG

IMG_0263.JPG

IMG_0266.JPG

つづきは忠烈祠、故宮博物院、中正紀念堂、総統府、九分など、次回も宜しくお願い致します。

いつもご訪問有難うございます。














nice!(30) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

箱根旧街道と大雪 [旅行]

11月の大雪予報が出ている日に姪達と又箱根に行って参りました。一日目は何とか曇り空で旧街道の杉並木と峠越えの石畳を甘酒茶屋まで歩くことが出来ましたが、翌日は予報通り朝から大雪となりました。悪いことは重なるもので、朝からカメラまでも動かなくなりました。

宿泊宮ノ下箱根離宮と云うホテルで一度は行ってみたい所でした。美味しい食事に素敵な景色に夕べは酔いしれていたのに一夜明ければ悪夢のような一日が待っていました。

姪達は諦めて朝食の後、東京へ帰り、諦めの悪い私は娘と岡田美術館に行けば雪は関係がないと高を括っていたのですが、雪は大急ぎでやってきました。美術館まで雪道を歩くのは無理ということになり、宮ノ下から強羅へ、ケーブルカーで公園上の箱根美術館ならということで参りました。


箱根関所から旧街道を歩きます
RIMG0020.JPG

箱根旧街道の杉並木
RIMG0024.JPG

箱根神社鳥居の横から入ります
RIMG0025.JPG

RIMG0027.JPG

元箱根にケンベルとバーニーの碑があります。
江戸時代箱根の美しさを紹介したケンベル。
明治になって自然保護を訴えたバーニーです。
RIMG0028.JPG

箱根旧街道の道しるべ
RIMG0029.JPG

畑宿までの山越えの地図
RIMG0030.JPG

石畳と云ってもとても歩きにくい道です。散紅葉が覆っていて滑ります。
RIMG0031.JPG

所々に紅葉が残っていました。
RIMG0040.JPG

やっと甘酒茶屋に到着 
RIMG0041.JPG

ここからバスで宮ノ下のホテルへ
RIMG0042.JPG

ホテル入口へ 紅葉が美しい
RIMG0049.JPG

RIMG0052.JPG

ホテル エントランス
RIMG0053.JPG

ホテル内の庭園散策 山いっぱいの紅葉が美しい
RIMG0060.JPG

RIMG0063.JPG

RIMG0065.JPG

日本料理華暦 食器も盛り付けも勿論お味も絶品です。
先付け 利休豆腐と前采
RIMG0069.JPG

吸い物 ずわい蟹の真丈
RIMG0070.JPG

造り身 鮪、鯛、間八、水蛸、
RIMG0071.JPG

煮物 飛竜頭とつみれ
RIMG0072.JPG

焼物 鰤照り焼き
RIMG0073.JPG

焜炉 国産牛バラ肉柔か煮
RIMG0074.JPG

お食事 ごぼうご飯とシラス梅(私は白ご飯)
RIMG0075.JPG

水菓子 料理長お薦めデザート
RIMG0076.JPG

箱根美術館に着いた頃、苔の美しい庭園はすっかり真っ白になっていました。美術館に暫くいましたが、ケーブカーが止まるかも知れないので強羅まで帰り、昼食に強羅公園入口のお蕎麦を食べに参りました。カメラ故障のため携帯で撮ってみました。

ケーブルカーで景色は真っ白   箱根美術館庭園も真っ白
NEC_0047.JPG NEC_0044.JPG

庭園はすっかり雪に。 美しい紅葉も雪に覆われる
NEC_0033.JPG NEC_0035.JPG

苔の庭もすっかり雪に。      箱根美術館を庭園から見る
NEC_0036.JPG NEC_0038.JPG

美術館の中から見ると 景色はわからないほど雪の中
NEC_0040.JPG NEC_0041.JPG

昼食から帰ったところ、湯本までの箱根登山電車が倒木のため止まっていました。振替運転が頼みのバスまで止まったのです。そのあとロマンスカーも一時止まったとか。万事休すです。

近くのホテルに泊まる事も考えましたが、娘は仕事で休めない。暫くタクシーの列に並びましたが、寒くなってきましたので、私は休憩所で一休みをしようと出掛けました。そして係の人に湯本までのタクシー以外の帰り方を聞いて来ました。

二ノ平まで20分程雪道を歩くと別ルートのバスへ乗る事が出来ると云う事でした。国道に沿って雪道は心配なく歩く事が出来ました。二の平入口で小田原行きバスが運良く直ぐに来てくれました。地獄に仏です。小田原まで爆睡していました。

ロマンスカーは動いていました。6時過ぎの特急に直ぐ乗る事が出来、思ったより早く帰る事が出来ました。今日一日は何だったのでしょう?こんなハプニングは度々起こる事ではありませんが、ただ運が悪かったのでしょうね。せっかくの箱根の半日を、退屈で無為の時間を過ごさざるを得なかったのだから、でも考えようでは何の事故もなかったのだから運が良かったのかも?

いつもご訪問有難うございます。


























nice!(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三島スカイウオークとミカン狩り [旅行]

先日は秋の爽やかな1日を三島の大吊橋のスカイウオークと伊豆フルーツパークでミカン狩り、アサヒビール工場の見学などの日帰りバス旅行を楽しんで参りました。三島の大吊橋は箱根西麓にあり、遠く駿河湾を望み富士山も見える素晴らしい景観です。その日は残念ながら富士山は見えませんでしたが、大自然の大きな懐に包まれるようなひと時でした。

アサヒビール工場見学は撮影禁止です。お庭とビールの試飲です。
RIMG0033.JPG

RIMG0031.JPG

ビールの試飲を楽しみました。
RIMG0025.JPG

ミカン狩り 二つ三つ食べたでしょうか
RIMG0051.JPG

RIMG0052 (2).JPG

しっかりした吊橋であまり揺れない
RIMG0069 (2).JPG

RIMG0062.JPG

展望台より吊橋を眺める
RIMG0073 (2).JPG

全長400m、高さ70.6m、歩道幅1.6m、長く美しい橋
RIMG0098.JPG

一時晴れて
RIMG0083.JPG

杉林が美しい
RIMG0086.JPG

駿河湾を遥かに望む
RIMG0095.JPG

おまけ
世田谷三軒茶屋キャロットタワー26階から新宿方面
RIMG0084.JPG

同じく渋谷方面 246号線 首都高3号線
RIMG0085.JPG

西側の日の入り 富士山が見えることも
RIMG0082.JPG

夜景 左は渋谷方面、三軒茶屋246号線 首都高3号線
RIMG0090.JPG

いつもご訪問有難うございます。



nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

箱根のツツジと駒ヶ岳~2016 [旅行]

五月の快晴の日山のホテルのツツジを見に姪達と6名で出掛けて参りました。芦ノ湖と空の青さと富士の雪嶺、満開のツツジと青葉、若葉の彩やかなマッチングは、まさに絵葉書のように美しいものでした。残念ながら富士山は私のカメラでは良く撮れませんでしたが・・・

駒ヶ岳も快晴の富士山を真正面から見る事ができましたが、残念ながら空中に浮かんでいるように白っぽくにしか見えませんでしたが、山の青葉、若葉の美しさに圧倒されました。濃いみどり、薄みどり、箱根の山はやっぱり緑が美しい


富士山の雪嶺と絵のようなツツジ
RIMG0123.JPG

RIMG0124.JPG

ホテルとツツジの調和も美しい
RIMG0131.JPG

まわりの新緑も美しい
RIMG0135.JPG

RIMG0137.JPG

芦ノ湖を後ろに緑も美しい
RIMG0138.JPG

RIMG0139.JPG

白のシャクナゲ
RIMG0143.JPG

教会 結婚式などが行われる
RIMG0160.JPG

教会の中
RIMG0157.JPG

山のホテルのレストラン
RIMG0172.JPG

ホテルのランチ。パンとスープ
RIMG0174.JPG

ハンバーグのランチ
RIMG0175.JPG

サラダ
RIMG0176.JPG

珈琲
RIMG0177.JPG

箱根の駒ヶ岳へロープウェイで登る。山頂まで1783m
RIMG0185.JPG

山頂には展望台と神社がある
RIMG0196.JPG

神社へ上る
RIMG0200.JPG

箱根本宮神社
RIMG0203.JPG

富士山の美しい全景が見えるが写真には無理でした
RIMG0206.JPG

ここからの富士山は一番と云われているが。
RIMG0208.JPG

駒ヶ岳ロープウェイ終点
RIMG0209.JPG

すれ違うロープウェイ。山の新緑が美しい
RIMG0212.JPG

RIMG0213.JPG

下へ降ります。芦ノ湖が美しい
RIMG0215.JPG

箱根園から元箱根へ遊覧船
RIMG0226.JPG

湖から見る山のホテルと駒ヶ岳のロープウェイ
RIMG0247.JPG

箱根神社の鳥居
RIMG0249.JPG

いつもご訪問有難うございます














nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー