So-net無料ブログ作成
検索選択

蘆花恒春園散策 [散歩]

三月の暖かい日に世田谷武蔵野の面影を残す蘆花恒春園を散策して参りました。みみずのたわごと、不如帰などの名作を残す明治、大正の文豪、徳富蘆花が愛子夫人と後半生を過ごした跡地がこの公園です。

残念な事に可愛いピンクの桜が満開なのにその区域だけは立ち入り禁止になっていました。聞くところによると、多目的広場の一角に保育園を建設するためにと土地の検査をしたところ有害物質が出たと云うことで、お花見は出来ませんでした。

蘆花は明治40年から亡くなる昭和2年までこの地で田園生活を送りました。その後建物や敷地などは都に寄贈され公園として管理されています。児童公園や芝生公園などが広がり都民の憩いの場となっています。

蘆花恒春園入口に咲いているシデコブシ
IMG_1245.JPG

IMG_1249.JPG

爽やかな風の竹林
IMG_1235.JPG

IMG_1236.JPG

蘆花記念館 自由に見学できる
IMG_1238.JPG

夫人の居宅
IMG_1228.JPG

蘆花旧宅 茅屋
IMG_1224.JPG

典型的な日本間ですね 
IMG_1226.JPG

かまどは当時を彷彿させますね
IMG_1227.JPG

梅花書家
IMG_1229.JPG

IMG_1234.JPG

身代わり地蔵尊「みみずのたわごと」に書いています
IMG_1231.JPG

IMG_1241.JPG

IMG_1242.JPG

IMG_1233.JPG

屋敷裏の広場にある桜は残念ながら入れません
IMG_1221.JPG

満開の桜が美しく咲いていましたが写真はこれだけ。
IMG_1223.JPG

雪柳が一面に美しい
IMG_1220.JPG

食事は華屋与兵衛で「ローストビーフ丼」を頂きました
IMG_1133.JPG

いつもご訪問有難うございます。








nice!(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スカイツリーと渋谷青の洞窟 [散歩]

12月に入り暖かな冬日和の一日を、初めて完成したスカイツリーへ上って参りました。途中工事中のツリーを見に行った事はありましたが、完成してからは初めてなので楽しみにして参りました。

ソラマチは一切立ち寄らず、5階から一気に天望デッキへ。そのあと100m上って天望回廊へ。ぐるりと360度を見渡せる雄大な景色に感動です。

遠く筑波山から日光の男体山、浅間山まで見る事が出来ます。この日は残念ながら見えませんでしたが・・・

IMG_0051.JPG

IMG_0053.JPG

左側に東武スカイツリー線
IMG_0059.JPG

隅田川の先は北千住方面
IMG_0060.JPG

隅田川の白髭橋(手前)
IMG_0066.JPG

天望デッキ 340mから350m
IMG_0074.JPG

天望回廊 フロア445mから450mまで110m続くスロープ状の回廊です
IMG_0068.JPG

451.2m最高到達点
IMG_0076.JPG

浅草寺方面
IMG_0072.JPG

お台場方面
IMG_0079.JPG

皇居方面
IMG_0095.JPG

6時25分の日の入り 残念ながら富士山はシャドウのみ
IMG_0084.JPG

太陽の姿は見えない。
IMG_0085.JPG

刻々と夕景色が変わります
IMG_0098.JPG

IMG_0099.JPG

IMG_0103.JPG

IMG_0109.JPG

IMG_0119.JPG

西空は未だ茜色 富士山の影が見えます
IMG_0130.JPG

冬の夜景は美しい
IMG_0133.JPG

IMG_0136.JPG

東京タワーが見えます
IMG_0142.JPG

IMG_0144.JPG

青の洞窟渋谷公園通りのNHK近くです
IMG_0017.JPG

IMG_0021.JPG

IMG_0025.JPG

IMG_0030.JPG

IMG_0031.JPG

濡れた道のようにイルミネーションが映えて美しい
IMG_0039.JPG

IMG_0046.JPG

いつもご訪問有難うございました。2016年も終わろうとしています。色々皆様にはお世話様になりました。来年もまたよろしくお願いいたします。良いお年を迎えられる事を心よりお祈りいたします。












nice!(26) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大山寺 大山阿夫利神社 [散歩]

11月の中頃、紅葉の美しい神奈川県大山へ行って参りました。伊勢原駅からバスで30分、大山駅からケーブル駅までだらだらと階段を15分程上り、ケーブルカーで6分程、大山阿夫利神社下社到着です。山頂までは徒歩で4時間余かかるそうです。今回は予定外です。

大山阿夫利神社は2000年以上の歴史があり、第10代崇神天皇の頃の創建とされています。1252mの山頂に本社と奥社があり、中腹700mに下社があります。一名雨降山、雨乞いの神と言われ大山詣でが江戸中頃の行事として盛んに行われました。大山寺までは途中駅なのでケーブルで下り、大山寺へ参拝し、大山駅バス停までは徒歩で下りました。

ケーブルカー駅まで15分、お店が続く階段を上る
RIMG0156.JPG

ケーブルカーで6分上る
RIMG0170.JPG

阿夫利神社下社の階段下に到着 秋色の木々が美しい
RIMG0176.JPG

階段を上って阿夫利神社へ
RIMG0179.JPG

RIMG0175.JPG

RIMG0180.JPG

大山阿夫利神社の鳥居と下社
RIMG0182.JPG

参拝をする人々
RIMG0184.JPG

ここからの紅葉は絶景です
RIMG0185.JPG

RIMG0186.JPG

RIMG0194.JPG

神社参拝門の紅葉も真っ赤です
RIMG0197.JPG

紅葉のグラデーションが美しい
RIMG0201.JPG

二重滝 龍神が現れたという滝
RIMG0203.JPG

二重社 水の神を祀る パワースポットの一つとか。
RIMG0208.JPG

絆の木 大木です
RIMG0209.JPG

ケーブルで大山寺へ
RIMG0220.JPG

大山寺へ 途中は黄色や紅色が美しい
RIMG0234.JPG

大山寺は奈良の東大寺を開いた良弁僧正が天平勝宝7年(755)に開山し聖武天皇の勅願寺となった古刹です。
RIMG0236.JPG

石仏が並ぶ
RIMG0241.JPG

冬桜が一輪咲いていた
RIMG0250.JPG

IMG_0617.JPG

IMG_0616.JPG

いつもご訪問有難うございます









nice!(31) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世田谷散歩~蛇崩緑道 [散歩]

今日は中秋の名月とか・・あまり良いお天気ではないので夜のお月さまは望めないかも知れないと思いながら午後3時頃友達と家を出ました。ここの所毎週木曜日は散歩デーと決め世田谷区内をランダムに歩いています。ほぼ1万歩。

この頃は日が短くなったので3時頃となりました。今日は蛇崩緑道から最澄寺、駒繋神社、世田谷公園とほぼ下馬あたりに出掛けましたが、何しろ行き当たりばったりなので行き付かない時もあります。(笑)世田谷公園は後日行って参りました。

日輪山薬王院 最澄寺山門へ
山門は徳島藩蜂須賀家の三田中屋敷の門を移築
したもので武家屋敷門と云われています
RIMG0001.JPG

参道を通って本堂へ
RIMG0002.JPG

本堂へは靴を脱いで上がります。
RIMG0004.JPG

RIMG0009.JPG

名木百選に選ばれたコウヤマキ
RIMG0005.JPG

稲荷大明神と弘法大師の碑
RIMG0008.JPG

稲荷大明神と薬師堂
RIMG0012.JPG

鐘楼
RIMG0003.JPG

駒繋神社は頼朝が馬から下りて馬を繋いだ場所とか。
RIMG0007.JPG

RIMG0018.JPG

森の木々が鬱蒼とした坂道を上る
RIMG0013.JPG

本堂へ
RIMG0014.JPG

RIMG0016.JPG

世田谷公園入口
RIMG0006.JPG

噴水が美しい
RIMG0010.JPG

ミニSLのスタート地点
RIMG0013.JPG

家族みんなで楽しめますね
RIMG0018.JPG

RIMG0025.JPG

踏切もあります
RIMG0026.JPG

春にはツツジが美しいでしょうね
RIMG0021.JPG

9月15日の中秋の名月雲間からやっと見る事が
出来ましたが、ぼやけてしまいました。
RIMG0035.JPG

RIMG0037.JPG

いつもご訪問有難うございます





















nice!(23) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高幡不動尊のアジサイ [散歩]

六月の中旬頃高幡不動尊へアジサイを見に行って参りました。ここには可憐な山アジサイやアジサイ、ガクアジサイが88か所のお大師様を拝しながら山を巡る事が出来ます。でも88か所は大変です。7500株あると云われるアジサイは見晴らし台まで続いているのです。この日はとても暑い日だったので30番目で一応下りました。

沢山のアジサイが山一面にありどんどん上って88番まで行きたかったのですが、暑いうえにあまり体調が良くなかったので途中で降りてきてしまいました。アジサイの種類の多さと色の美しさに感動しました。

高幡不動仁王門
RIMG0035.JPG

不動堂と五重塔
RIMG0036.JPG

ガクアジサイの色も色々美しい
RIMG0044.JPG

RIMG0045.JPG

RIMG0048.JPG

RIMG0054.JPG

山一面にアジサイが美しい
RIMG0062.JPG

RIMG0065.JPG

RIMG0073.JPG

山アジサイの道
RIMG0083.JPG

可憐な紅い額アジサイ
RIMG0084.JPG

ブルーが美しい
RIMG0091.JPG

不思議なピンクの色が可愛いい
RIMG0097.JPG


山内4番札所のお大師様
RIMG0101.JPG

RIMG0102.JPG

RIMG0106.JPG

可愛いい山アジサイ
RIMG0099.JPG

RIMG0103.JPG

RIMG0109.JPG

RIMG0113.JPG

RIMG0115.JPG

白も美しい
RIMG0116.JPG

ブルーがとてもきれい
RIMG0121.JPG

ピンクの可愛いアジサイ
RIMG0123.JPG

RIMG0125.JPG

おまけ
6月の食事会は中川寿司のコース料理 とても優しいお味でした。
RIMG0112.JPG

RIMG0114.JPG

RIMG0116.JPG

RIMG0117.JPG

RIMG0118.JPG

RIMG0119.JPG



いつもご訪問ありがとうございます。


















nice!(25) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

等々力渓谷と善養密寺 [散歩]

6月の始めに等々力渓谷へ吟行に行って参りました。俳句を初めて10年位になるのですが、一向に上手くならず、詩的感性のなさをつくづく感じているこの頃です。下手の横好き?です(笑)・・・でも認知症予防にと皆と楽しく続けています。等々力渓谷はうちから近いので時々遊びに行っていますが、水不足でかっての景観は見られなくなり淋しい気がしています。

野毛大塚山古墳は地上に上がって2,3分善養密寺は5,6分の所にあります。善養密寺は大日如来仏をお祀りし、樹齢千年のカヤの大樹が見事なお寺です。

等々力駅から直ぐの渓谷入口を降りると一気に緑陰の懐へ ゴルフ橋が見える
RIMG0001.JPG

RIMG0002.JPG

囀りや、せせらぎの音を聞きながら谷沢川に沿って歩く
RIMG0003.JPG

不動の滝 国分寺崖線の湧水です。この滝の上の急な山道を上ると等々力不動尊がある
RIMG0040 (2).JPG

野毛大塚山古墳は緑道の途中の階段を上ると近くです。
五世紀前半の築造。帆立貝式前方後円墳、昭和27.11.3都史跡指定
RIMG0004.JPG

RIMG0005.JPG

RIMG0006.JPG

六所神社 善養寺の隣にあります。
RIMG0014.JPG

六所神社の本堂
RIMG0012.JPG

真言宗 智山派 善養密寺
RIMG0015.JPG

本堂 大日如来を祀る
RIMG0018.JPG

RIMG0017.JPG

RIMG0020.JPG

千年のカヤの大樹 18mの高さ、一年おきに実をつける
RIMG0016.JPG

カヤの実は大日如来さまからの授かりものだそうです
RIMG0029.JPG

善養密寺の御門
RIMG0025.JPG

等々力不動尊 この渓谷は国分寺崖線(ハケ)の最南端に位置し都区内唯一の渓谷です
RIMG0041.JPG

RIMG0043.JPG

展望テラス 渓谷が一望できる
RIMG0044.JPG

RIMG0083.JPG

等々力不動尊の入り口
RIMG0047.JPG

等々力駅近くのざいもく家で5句投句の句会を兼ねた食事を致しましが、写真を撮るどころか、何を食べたのかもわからない忙しさでした。良い句が出来ると良いのですが・・・

いつもご訪問有難うございます















nice!(26) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

横浜市こども植物園 [散歩]

4月の日曜日に横浜市保土ヶ谷にある植物園に行って参りました。保土ヶ谷駅からバス5分程の児童遊園地に隣接されているこども植物園です。

この植物園は昭和54年6月23日国際児童年を記念して開園されました。園内には花壇、ばら園、野草園、くだもの園、花木園、薬草園などが整備されています。まだ桜の花も残る暖かな一日を満喫して参りました。


こども植物園(植物の名前の札があり子供でも覚えやすい)
RIMG0009.JPG

看板下に踊り子草
RIMG0010.JPG

道端にはフデリンドウ
RIMG0018.JPG

ドウダンツツジ
RIMG0019.JPG

タチツボスミレ
RIMG0023.JPG

ローズマリーの花
RIMG0025.JPG

カレープラント(カレーの匂い)
RIMG0026.JPG

紫ラン
RIMG0030.JPG

あまちゃ(葉が甘く糖尿病の人に良いとか)
RIMG0031.JPG

リュウキュウ梅
RIMG0035.JPG

サトサクラ(緑色)
RIMG0039.JPG

ヨコハマサクラ
RIMG0041.JPG

ウンナン黄梅(黄梅もどき)
RIMG0043.JPG

トキワマンサク
RIMG0046.JPG

ニワトコ
RIMG0047.JPG

スモモ
RIMG0050.JPG

クルミ
RIMG0053.JPG

サクラソウ
RIMG0061.JPG

RIMG0063.JPG

ニリンソウ
RIMG0066.JPG

イカリソウ
RIMG0071.JPG

アセビ(馬酔木)
RIMG0073.JPG

サンカクニラ(葉が3角)
RIMG0075.JPG

ヒスイカズラ(フィリッピン)自生地では蝙蝠が花粉を媒介する
RIMG0079.JPG

常緑メギ
RIMG0081.JPG

雑草のような可愛い草花としゃがみこみながら一期一会の出会いを楽しみました。通り過ぎてしまいそうな、踏みつけそうな足元にも、懸命に春を感じて咲き誇る生命の強さと不思議さを胸にほっこりと抱きしめながら帰って参りました。

児童遊園地(植物園と向かい合わせ)
RIMG0001.JPG

RIMG0085.JPG

RIMG0090.JPG

シャクナゲが満開でした
RIMG0092.JPG

RIMG0095.JPG

RIMG0099.JPG

RIMG0101.JPG

いつもご訪問本当に有難うございます。






























nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浜離宮恩賜庭園~菜の花 [散歩]

3月の中旬頃に浜離宮の菜の花が見頃と聞いて友達と行って参りました。浜離宮は徳川将軍の庭園だった事は知られています。海水を引き入れた潮入りの池鷹狩場として歴代の将軍家の別邸となり、11代将軍家斉の時代に現代の庭園の姿になりました。明治維新や関東大震災で往時の面影はなくなりましたが、昭和20年(1945)に東京都に下賜され昭和21年4月から浜離宮恩賜庭園として公開されました。大手門の桝形と櫓台は江戸時代の遺構であるとか。

浜離宮で有名な300年の松
RIMG0004.JPG

RIMG0006.JPG

RIMG0007.JPG

30万本の菜の花が満開。都心の高層ビルのど真ん中
RIMG0024.JPG

都心の真中にぽっかりと黄色のお花畑
RIMG0017.JPG

高層ビルを遠くに見ながら癒されますね
RIMG0025.JPG

故郷の春の色ですね
RIMG0022.JPG

菜の花は何か懐かしい香りがします
RIMG0015.JPG

梅も咲いています
RIMG0029.JPG

水上バスの発着場もあり、東京湾、墨田川に囲まれています。
RIMG0031.JPG

海手おつたい橋
RIMG0033.JPG

横堀(潮入りの池)
RIMG0034.JPG

燕の御茶屋
RIMG0039.JPG

松の御茶屋
RIMG0040.JPG

お伝い橋
RIMG0038.JPG

RIMG0044.JPG

中島の茶屋と潮入りの池
RIMG0046.JPG

中の御門近くの広場
RIMG0048.JPG

大手門出入り口
浜御殿は江戸幕府の海軍基地でもあったため、大手門の桝形、櫓台が遺構として現存している。中門にも少し残っているとか。
RIMG0054.JPG

桝形、櫓台がのこっている。
RIMG0053.JPG

RIMG0055.JPG

白い石の下が櫓台
RIMG0056.JPG

いつもご訪問有難うございます。
















nice!(26) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高幡不動尊金剛寺と京王百草園 [散歩]

京王線高幡不動駅から直ぐの所にありました。私は初めてでしたが、とても由緒ある三不動の一つと云われています。その草創は大宝年間(701)以前とも云われ平安時代初期に慈覚大師円仁が清和天皇の勅願によって当地の山中に不動堂を建立し、不動明王を安置したのが始まりとか。

RIMG0001.JPG

仁王門です
RIMG0004.JPG

不動堂 重文 康永元年(1342)山中より移建されました。
RIMG0006.JPG

参拝の人々
RIMG0009.JPG

丈六不動三尊像 重文
RIMG0010.JPG

左、せいたか童子像   中央、不動明王座像   右、こんから童子像
RIMG0012.JPG

大師堂
RIMG0014.JPG

大日堂鳴り龍の門 奥は大日堂。高幡山の総本堂で鳴り龍天井や新選組の位牌など安置。
RIMG0015.JPG

五重塔 平安時代初期の様式、塔高40m、総高45m
RIMG0022.JPG

紅梅が美しい
RIMG0020.JPG

大観音像
RIMG0016.JPG

土方歳三の像 
RIMG0025.JPG

門前にある開運そばを頂きました。
RIMG0003.JPG

時間がなかったので、池周辺や俳人の句碑がある半分位は見ず仕舞いでした。ツツジやアジサイの季節に又来たいなと思っています。

京王百草園は江戸時代中期小田原藩主大久保加賀守正増の夫人であった寿昌院慈岳元長尼が岡崎三郎信康追悼のため松連寺をこの地に再興した。現在は百草地区を和風庭園として整備され四季を通じて楽しめます。駅は高幡不動の隣り駅です。園入口までは山登りで10分位かかります。二月の上旬は梅も見頃でした。

京王百草園の入り口
RIMG0067.JPG

蠟梅はまだ咲いていました。
RIMG0030.JPG

白梅は七分咲き位です。
RIMG0043.JPG

寿昌梅 寿昌院が岡崎三郎信康追悼のために植樹されたと伝えられています。
RIMG0036.JPG

RIMG0039.JPG

紅梅も沢山あり丁度七分咲きです。
RIMG0049.JPG

RIMG0051.JPG

RIMG0056.JPG

フクジュソウも咲いています。
RIMG0041.JPG

茅葺き屋根の梅も風情が・・・
RIMG0055.JPG

RIMG0061.JPG

高台に上ると関東一円が見え、スカイツリーも見えるとか。
RIMG0062.JPG

見晴らしが良く梅も丁度見頃です。
RIMG0064.JPG

白梅、紅梅の調和が美しい
RIMG0066.JPG

いつもご訪問有難うございます。











nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

百花繚乱 [散歩]

素晴らしい季節になりましたね。四月は一気に花が咲き競いました。円光院の牡丹この季節は世田谷通りを通る時は牡丹の開花が楽しみです。牡丹の美しい季節はとても短いので見逃さないように気をつけなければ終わってしまいます。

RIMG0143.JPG

RIMG0151.JPG

RIMG0140.JPG

RIMG0154.JPG

RIMG0136.JPG

藤の花の開花も見逃すと直ぐに終わってしまいます。
RIMG0001.JPG

RIMG0002.JPG

RIMG0003.JPG

RIMG0004.JPG

ヒトツバタゴ(別名ナンジャモンジャ)大きな木です
RIMG0027.JPG

RIMG0028.JPG

RIMG0034.JPG

RIMG0035.JPG

バス通りは一気に真っ白の花水木の花が咲きました
RIMG0115.JPG

RIMG0117.JPG

RIMG0123.JPG

RIMG0125.JPG

4月26日世田谷フイルハーモニー管弦楽団の定期演奏会が昭和女子大学人見記念講堂で開催されました。指揮は新通英洋、ピアノは高橋多佳子です。ラフマニノフのピアノコンチェルト第2番を女性とは思えぬほど力強く、大胆にそして繊細に素晴らしい演奏でした。
RIMG0014.JPG

指揮者の新通英洋さんとピアノの高橋多佳子さん
RIMG0003.JPG RIMG0002.JPG

いつもご訪問有難うございます




















nice!(28) 
共通テーマ:趣味・カルチャー