So-net無料ブログ作成

東京農業大学収穫祭 [行事]

第120回東京農業大学収穫祭が10月28日から30日まで行われました。私は初日の蜂蜜をゲットするために朝早く並びました。

風もあり寒さが身にしみて3時間の長さが途方もなく無限に感じましたが、日本人は我慢強い人種なのか、不平不満どころか、並ぶのは当たり前の行為として楽しげに並んでいます。好きとか嫌いとかの問題ではないですね。、3時間位はお喋りしたり、本を読んだりして、苦痛の先にある楽しみをイメージして過ごしているのかも知れません。

翌日の土曜日は10時から大根の無料配布がありました。沢山の人達が9時頃から並び始め、10時頃には校舎をぐるりと取り巻くほどの人達が集まりました。配布が始まると長い列が動き出し30分程で3000本の大根がなくなってしまいました。

大根を持った人達が屋台やお味噌の列に又並びます。ベーコンは直ぐに売り切れて、次の焼き上がりまでに又並ぶのです。私も友達もすっかり並ぶのにめげてしまいました。お腹がすいたので、つくねと台湾留学生のお店の腸詰めと冬瓜のお茶を頂きました。椅子に座って一服です。


東京農業大学正門の日本庭園
100_0003.JPG

正門左側
正門左側.jpg

正門右側
収穫祭正門.jpg

5階校舎より
校舎より.jpg

5階校舎よりグラウンドのパネルと世田谷の街並み
校舎より収穫祭パネル.jpg

5階教室で行われた合奏部の演奏、ヴァイオリン
ヴァイオリン.jpg

クラリネットの演奏
クラリネット.jpg

ホルンとヴァイオリンの演奏
ホルンとヴァイオリン.jpg

大根の無料配布の先頭
大根配布先頭.jpg

最後尾はまだそれ程長くないです。
9時半頃.jpg

大根踊りのハッピ?
大根配布.jpg

台湾留学生の腸詰と冬瓜茶     鶏のつくね
腸詰と冬瓜茶.jpg 鶏のつくね.jpg

レンゲとミカンの蜂蜜         葉付き泥付き大根
蜂蜜2.jpg 葉付き大根.jpg

東農大の収穫祭は毎年楽しんでいます。
生活に密着していて欲しいものが沢山あり
生協には東農大のオリジナル製品やお菓子や
化粧品、ワインなどがあります。







nice!(22)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昭和女子大学 学園祭~ファッションショー [行事]

昭和女子大学秋桜祭のファッションショーは環境デザイン学科、服飾デザインマネジメントコースの「総合演習」の発表の場として始められ、今年で7回目となります。デザインから製作、モデルまですべて学生自身の手で行われる、まさに手作りのファッションショーなのです。

今回は知り合いがファッションショーに出演するという事で見せて頂きました。なかなか本格的なショーになりましたね。でも可愛いらしい学生の姿もそこに見ることが出来ました。また他大学のイケメン男子学生のゲスト出演もあり、とても楽しいファッションショーとなりました。

秋桜祭.jpg

ファッションショウ.jpg

ショウ10.jpgショウ13.jpg

ショウ7.jpgショウ9.jpg

ショウ4.jpgショウ5.jpg

ショウ2.jpgショウ6.jpg

ショウ11.jpgショウ3.jpg

チーム2.jpgチーム3.jpg

チーム.jpg
nice!(10) 
共通テーマ:ファッション

東京農業大学~収穫祭 [行事]

東京農業大学の収穫祭は毎年10月の終わりから11月にかけて行われます。今年は29,30,31日の3日間(28日は前夜祭)行われ、沢山の人達が集まりましたが、生憎台風14号の雨に祟られて土曜日は多分大変だったのではと心配しています。日曜日は雨も上がりもう一度行って来ようかと思っています。

私はお天気に恵まれた初日に行き、取りたてのお野菜や一番人気の蜂蜜などを早起きしてゲットして来ました。また屋台では出来たての焼きソバなどの立ち食いを楽しみました♪

大学正門の飾りつけ。苔を貼り付けた、渋いけれど落ち着いた雰囲気。
東京農業大学収穫祭.jpg

大学正門.jpg

人気のコーナーはいつも行列。出来るだけ空いているお店を探したり・・・
屋台集まる人々.jpg お野菜が一杯.jpg

ふれあい広場には可愛いペットたちを触ったり、抱いたりする事が出来て人気。
ふれあい広場2.jpg ふれあい広場.jpg

インドネシアからの留学生がやっている、インドネシヤ風焼きソバ。からみの胡椒が美味しい。
インドネシア風.jpg 焼きソバ.jpg

沖縄へ行って黒糖を手作りしてきた、本物のサーターアンダギー。黒糖、ごま、プレーン。
サーターアンダギー.jpg サーターアンダギー2.jpg

ここも行列、大阪焼き。私は食べた事がないけれど・・・
大阪焼き.jpg 大阪焼き2.jpg

大学の農場で学生達が育てたという、ラフランス。去年も美味しかったので・・・
この大きなサツマイモはベニアズマでやはり学生達が育てたもの
ラフランス.jpg ベニアズマとトマト.jpg  

この行列は蜂蜜をゲットするための人達。私は五合のものを毎年五本買います。
今年は猛暑で種類が少ないけれど、辛うじて五本ゲット出来ました。
長蛇.jpg 蜂蜜.jpg

各学科ゼミの展示物。丁寧に手作りされていて何かを伝えようとしていますね。
醸造科.jpg 造園.jpg

栄養科.jpg 国際農業問題.jpg

環境緑化.jpg 食料環境.jpg 


nice!(16)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たまがわ花火大会~2010 [行事]

先日第32回世田谷区たまがわ花火大会が二子玉川緑地運動場で夜7時から8時まで行われました。私は友達のお友達であるマンションにお邪魔して、臨場感のある花火を体験させて頂きました。

そのお部屋は野川沿いの五階建てのマンションで、南と西に広い窓のある角部屋でした。遠く富士山を望む西の空に暮れなずむ茜色の夕焼けが広がっていました。一方南側は花火が頭上高く打ちあがる絶好の桟敷席で、私は河原での花火見物以外には始めての経験でした。

七時丁度にグランドオープン。今年のテーマは飛翔~未来へ羽ばたく絆の力~プログラムは頂いているけれど、見て確かめる余裕もなく、オープニングは「夏色」とか。後で知りましたが・・・灼熱の太陽に輝くケヤキの緑や多摩川の水面。世田谷らしさ溢れる夏色から始まりました。

その後花火はどんどん進行し、プログラムも何もわからず、カメラのシャッターは切りっぱなし、頭上高く迫力ある花火が次々に上がるためピントがあわない映像ばかりで、見直してみると300枚ほど撮った写真は大部分がピンボケ状態でした。私のカメラの腕前がその程度のものだったのですが・・・あまりお見せしたくないのですが、ちょっと見られるものを探してみました。ほんとは素晴らしい花火大会だったのですよ~!


二子玉川駅を出る田園都市線
二子玉川駅を出る電車.jpg

茜色に染まる日の入り。
夕日.jpg

茜色の空.jpg

グランドオープン。 華やかなオープニングの花火でしたが。
グランドオープン.jpg

花火13.jpg

花火.jpg

花火2.jpg

花火11.jpg

花火5.jpg

花火3.jpg

花火4.jpg

花火9.jpg

花火15.jpg

せっかくのチャンスを頂いたのにつまらない写真になってしまい御免なさい~~でも花火の写真は難しいですね。昨年もあまり良い写真が撮れなかったように思います。花火は生き物ですから、生きの良い生命力が感じられる写真が撮れたらといつも思っていますが、デジカメではこの程度かも知れませんね。見ていただいて有難うございました。

参考: 昨年の花火 http://sa-okb.blog.so-net.ne.jp/2009-8-25



nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

たまがわ花火大会~第31回世田谷区 [行事]

2009,8,22日久しぶりにたまがわ花火大会に行ってきました。新聞によると37万人の人が多摩川の河川敷に集まったとか。1万7000発の花火が7時から8時の1時間の間に、息を飲むほどの美しさで夜空を彩りました。生の迫力に感動して声を上げる人々の声を聞きながらシャッターを押し続けていました。

ヒュ~っ!!と天に昇る真っ赤な竜のような火の玉が火を噴きながら天に届くやいなや、重量感のあるお腹に響く爆裂音を幾つも連続しながら、大輪の華が開き、消えていく・・・昔と比べると長く残像を残しながら、色も形も鮮やかな美しさに驚きましたねぇ~。

今回の世田谷区花火コレクション2009は鼓動。大輪の花火に託す夢の実現というタイトルだそうです。「和火~日本伝統花火のルーツに迫る~」。「イタリア花火紀行、貴族の花火~」。「世田谷区たまがわ花火大会、特別創作花火~’’鼓動’’」。「320mの芸術10号尺玉の博覧会」。「グランドフィナーレ輝く未来に向かって」などなど・・・

正直に言ってあれが、これがと見分けがつくものではありませんが、強大な大地のエネルギーが溢れ生命が躍動する、未来への明るい扉が開かれて行く・・・という鼓動を感じる力強い花火が次々と夜空に響き渡りました。

多摩川花火.jpg

多摩川花火夕方.jpg

多摩川花火夕焼け.jpg

多摩川花火イタリア.jpg

多摩川花火1.jpg

多摩川花火10号.jpg

多摩川花火イタリア2.jpg

多摩川花火イタリア3.jpg

多摩川花火イタリア貴族.jpg

多摩川花火フィナーレ.jpg

多摩川花火伝統.jpg

多摩川花火募金.jpg

多摩川花火募金2.jpg

多摩川花火フィナーレ2.jpg

多摩川花火フィナーレ3.jpg

良く撮れているものを順番に並べてみました。(あまり良く撮れていませんが)タイトルはご想像におまかせいたしますが・・・爽やかな川風に吹かれながら、草の上に座って食べたおむすびは、忘れかけていた夏草の感触や匂いまで、子供の頃の原風景を想い出させてくれるものでした。楽しい一夜を有難うございました。感謝!感謝!

まずは一句 静かなる一瞬の闇大花火  大花火華のいのちの短かりし 
nice!(10)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

母の日2009 [行事]

母の日がやってきました。今年も娘からのプレゼントが届きました。無事にこの日を迎えられたのだな~と年毎に重く感じるようになりましたね~。お誕生日のものと一緒に紹介しますね。私はお花を直ぐに枯らしてしまうので、プリザーブドフラワーにしてくれたのですが、(前回紹介しました)それはほんとに、いつまでも生のお花の感じを保っていて、多少色落ちはしましたが、今でも綺麗に咲いています。今年のプリザーブドフラワーはケーキのようにお皿に乗せてあり、美味しそうに見えて食べたくなります。コチョウランは本物です。ユリもアジサイも枯らしてしまったので、プレッシャーを感じますが、あまりに可愛いお花なので可愛がり過ぎないようにと思っているところです。

プリザーブドフラワーは造花ではなく、生花を加工したもの。
2009お誕生日.jpg

2009お誕生日2.jpg

コチョウラン?真っ白でとても可憐なお花です。
2009母の日.jpg

この歳になると、元気で長生きが目標になりますね。元気に過ごす事が税金を無駄に使わない、社会貢献の一つだと心に決めて過ごしている今日この頃です。娘の優しい心使いにも感謝しながら・・・
nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

ふるさとの食にっぽんの食~代々木公園 [行事]

2008年3月22日~23日 NHK放送センター、代々木公園、並木通りで’ふるさとの食にっぽんの食、全国フェスティバル’が行われました。全国から名産特産が集まり、所狭しと店開きしていました。放送センターの前では全国各地のふるさとの自慢料理を100円のチャリテイ料金で食べる事が出来ましたが、人気のお店には時間前から長い行列が出来ていました。

ふるさとの食にっぽんの食6.jpg ふるさとの食にっぽんの食.jpg
佐賀県のがばいばあちゃんのお菓子とレモングラスティー
ふるさとの食にっぽんの食3.jpg ふるさとの食にっぽんの食4.jpg
北海道のかに飯の販売のお店と長い行列で私達も此処に並びました。
ふるさとの食にっぽんの食7.jpg ふるさとの食にっぽんの食8.jpg
代々木公園の全国の名産、特産のお店で買い物をする人々。藁で作る亀の実演をしていました。
ふるさとの食にっぽんの食2.jpg ふるさとの食にっぽんの食5.jpg

私達は葉山の焼肉、群馬のきゅうりの一本漬け、富山のホタルイカ、山口のふぐとくじらのすしなど何箇所かに並び、テーブルでいろいろ頂いたものでランチしました。一口位しか量はありませんが、全国の食べ歩きが出来る楽しみがあります。でも長い行列には少々うんざりなので、お店に買い物に行ってしまいました。安くて珍しいものが沢山あり一杯の人で歩くのも大変でした。

そのあと代々木公園の日本で一番早く咲いたサクラを見に行って来ました。公園には沢山の家族連れで賑わっていました。 
代々木公園さくら2.jpg

代々木公園さくら.jpg

代々木公園さくら3.jpg

代々木公園さくら4.jpg
ギンヨウアカシア(ミモザ)が満開でした。
代々木公園ミモザ.jpg

代々木公園ミモザ2.jpg
nice!(10)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

東京都食育フエアー馬事公苑 [行事]

第一回東京都食育フエアが馬事公苑で開かれていました。安全なものを楽しく作り、美味しく食べる事を実践している「食育」応援団の企業やレストラン、栄養大学や農大、地域の生産者などが参加していました。一日に食べる栄養の計算やカロリー計算などもしてくれるし相談コーナーもありました。売るお店は少なく新しい製品の紹介が多いようでした。又乳搾りの体験コーナーがあり長い行列が出来ていました。

 

左から大蔵大根。子供の背丈くらいありました。中は練馬大根。長いですね。右は亀戸大根。煮比べて試食が出来ました。友達は大蔵大根を葉付きで買いました。お煮しめにするとか。私も煮た大根が大好きです。

テングサ。心太の材料です。上は神津島産、下は大島産

東京ブランドのTOKYO X.の豚ちゃん達。寝てばかりで元気がなかったです。

ケヤキはまだ紅葉はわずかです。

 


nice!(5) 
共通テーマ:健康

収穫祭ー東京農大 [行事]

馬事公苑そばの東京農大の収穫祭に行って来ました。大根踊りで有名ですね。その日はとても寒い日でしたが、模擬店は何処も沢山の人出で、去年も来て詳しい友達に案内して貰いました。先ずは蜂蜜の店に行きましたが、既に一時間待ちの行列に諦めて、手作りベーコンの店に並びました。醸造味噌も完売とか。つきたて餅や出来立てパイの店も行列でした。お米や野菜、果物、植物や花など、この大学の専門分野のものは皆さんも良く知っていて、安くて良質のものを買い求めていました。まさに秋の収穫祭でした。

 

お餅搗きはいくつかの店でもやっていて、行列でした。 子豚の丸焼きはちょっとショックでしたが、残酷さはなく何やら可愛げでした。

 

左から小麦とお米(品種はわからない)の刈り取ったもの。右は赤米と黒米の稲。お米は買う事も出来る。

 

蜂蜜は一番人気で朝の5時から並んだとか。我々は11時過ぎていて、並ぶのを諦めた。

 

大根は土付き、皆さんはリュック持参です。 右は黄色のランで珍しいものとか。                            

この大学を象徴するようなモニュメントですね。

屋根に田んぼの稲が植えつけてある、お神輿です。とてもユニークですね。

大学の学園祭は大学の特質があり、面白かったり、考えさせられたりと色々ありますが、この大学は食と直接繋がっているため興味と実益を兼ねていて、並ぶのも楽しいものでした。最近は農業に対する海外からの摩擦や、日本の農業の将来を考える転換期にあると云われていますから、この大学の意義は重要ではないかと期待して、舵取りをちゃんとやって欲しいと願うばかりでした。ちなみに私はベーコンの塊とコシヒカリのお米、青首大根、ジャム、焼きたてパイなどを買って帰りました。


nice!(10)  コメント(11) 
共通テーマ:日記・雑感

桜新町ねぶた祭り [行事]

9月8日土曜日、桜新町に青森ねぶたがやって来ました。さざえさん通りには夜のねぶた運行前のひと時を、大道芸の楽しい芸に沢山の人達が集まっていました。おさるさんの可愛い仕草に子供たちも大喜びしていました。又深沢高校の和太鼓部の生徒さん達の力一杯の演技と迫力に、日頃の鍛錬と集中力の凄さに感動して惜しみない拍手を送りました。

このおサルさんは、でんぐり返しや自分の背の倍程の高さを飛ぶ。

こちらのおサルさんは長い竿を一人で立てて一人で竹馬に乗る芸を見せていた。

深沢高校和太鼓部の生徒さんとOB.

 

未だ灯がはいらないねぶた。運行待ち。

上のねぶたに灯が入り、午後7時スタート。

子供たちが引くねぶた。

桜新町らしく、さざえさんのねぶた。

長谷川町子美術館。9月15日から開館。

私は青森のねぶたを見たことがないので、楽しみにして5時ごろから出掛けました。大道芸や和太鼓を見て、暗くなってねぶたの運行が始まった午後7時の最初のお囃子と「ラッセラー!ラッセラー」の掛け声を聞いてから全部の運行は見ないで帰って来てしまいました。あまりの沢山の人達に疲れてしまいました。その前にねぶただけは撮らせて頂きました。

 

 


nice!(7)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー