So-net無料ブログ作成

箱根旧街道と大雪 [旅行]

11月の大雪予報が出ている日に姪達と又箱根に行って参りました。一日目は何とか曇り空で旧街道の杉並木と峠越えの石畳を甘酒茶屋まで歩くことが出来ましたが、翌日は予報通り朝から大雪となりました。悪いことは重なるもので、朝からカメラまでも動かなくなりました。

宿泊は宮ノ下箱根離宮と云うホテルで一度は行ってみたい所でした。美味しい食事に素敵な景色に夕べは酔いしれていたのに一夜明ければ悪夢のような一日が待っていました。

姪達は諦めて朝食の後、東京へ帰り、諦めの悪い私は娘と岡田美術館に行けば雪は関係がないと高を括っていたのですが、雪は大急ぎでやってきました。美術館まで雪道を歩くのは無理ということになり、宮ノ下から強羅へ、ケーブルカーで公園上の箱根美術館ならということで参りました。


箱根関所から旧街道を歩きます
RIMG0020.JPG

箱根旧街道の杉並木
RIMG0024.JPG

箱根神社鳥居の横から入ります
RIMG0025.JPG

RIMG0027.JPG

元箱根にケンベルとバーニーの碑があります。
江戸時代箱根の美しさを紹介したケンベル。
明治になって自然保護を訴えたバーニーです。
RIMG0028.JPG

箱根旧街道の道しるべ
RIMG0029.JPG

畑宿までの山越えの地図
RIMG0030.JPG

石畳と云ってもとても歩きにくい道です。散紅葉が覆っていて滑ります。
RIMG0031.JPG

所々に紅葉が残っていました。
RIMG0040.JPG

やっと甘酒茶屋に到着 
RIMG0041.JPG

ここからバスで宮ノ下のホテルへ
RIMG0042.JPG

ホテル入口へ 紅葉が美しい
RIMG0049.JPG

RIMG0052.JPG

ホテル エントランス
RIMG0053.JPG

ホテル内の庭園散策 山いっぱいの紅葉が美しい
RIMG0060.JPG

RIMG0063.JPG

RIMG0065.JPG

日本料理華暦 食器も盛り付けも勿論お味も絶品です。
先付け 利休豆腐と前采
RIMG0069.JPG

吸い物 ずわい蟹の真丈
RIMG0070.JPG

造り身 鮪、鯛、間八、水蛸、
RIMG0071.JPG

煮物 飛竜頭とつみれ
RIMG0072.JPG

焼物 鰤照り焼き
RIMG0073.JPG

焜炉 国産牛バラ肉柔か煮
RIMG0074.JPG

お食事 ごぼうご飯とシラス梅(私は白ご飯)
RIMG0075.JPG

水菓子 料理長お薦めデザート
RIMG0076.JPG

箱根美術館に着いた頃、苔の美しい庭園はすっかり真っ白になっていました。美術館に暫くいましたが、ケーブカーが止まるかも知れないので強羅まで帰り、昼食に強羅公園入口のお蕎麦を食べに参りました。カメラ故障のため携帯で撮ってみました。

ケーブルカーで景色は真っ白   箱根美術館庭園も真っ白
NEC_0047.JPG NEC_0044.JPG

庭園はすっかり雪に。 美しい紅葉も雪に覆われる
NEC_0033.JPG NEC_0035.JPG

苔の庭もすっかり雪に。      箱根美術館を庭園から見る
NEC_0036.JPG NEC_0038.JPG

美術館の中から見ると 景色はわからないほど雪の中
NEC_0040.JPG NEC_0041.JPG

昼食から帰ったところ、湯本までの箱根登山電車が倒木のため止まっていました。振替運転が頼みのバスまで止まったのです。そのあとロマンスカーも一時止まったとか。万事休すです。

近くのホテルに泊まる事も考えましたが、娘は仕事で休めない。暫くタクシーの列に並びましたが、寒くなってきましたので、私は休憩所で一休みをしようと出掛けました。そして係の人に湯本までのタクシー以外の帰り方を聞いて来ました。

二ノ平まで20分程雪道を歩くと別ルートのバスへ乗る事が出来ると云う事でした。国道に沿って雪道は心配なく歩く事が出来ました。二の平入口で小田原行きバスが運良く直ぐに来てくれました。地獄に仏です。小田原まで爆睡していました。

ロマンスカーは動いていました。6時過ぎの特急に直ぐ乗る事が出来、思ったより早く帰る事が出来ました。今日一日は何だったのでしょう?こんなハプニングは度々起こる事ではありませんが、ただ運が悪かったのでしょうね。せっかくの箱根の半日を、退屈で無為の時間を過ごさざるを得なかったのだから、でも考えようでは何の事故もなかったのだから運が良かったのかも?

いつもご訪問有難うございます。


























nice!(24) 

nice! 24