So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

成田山新勝寺と佐倉のチューリップ [旅行]

4月の始めに千葉成田方面に桜とチューリップを見に世田谷の友達と参加しました。今年は異常気象で桜やチューリップの開花時期が遅れたようです。成田山新勝寺は初めての参詣でしたが、広い境内に大本堂、釈迦堂、鐘楼などと、美しい三重塔が整然と配置され素晴らしい寺院でした。

その前に飛行機と桜を見る事が出来る成田さくらの山公園に参りましたが、ソメイヨシノは蕾状態でした。日常の離着陸の轟音の大変さを思いながら機影を追うひと時でした。

成田さくらの山公園
コヒガン桜がまだ咲いていました
IMG_1262.JPG

IMG_1264.JPG

駐車場にしだれ桜が少し
IMG_1268.JPG

IMG_1270.JPG

飛び立った機影
IMG_1258.JPG

着陸する機影
IMG_1267.JPG

成田山新勝寺
お寺までの参道
IMG_1276.JPG

成田山新勝寺の総門
IMG_1316.JPG

仁王門
IMG_1315.JPG

大本堂 お線香の煙が
IMG_1301.JPG

IMG_1300.JPG

IMG_1296.JPG

美しい三重塔
IMG_1306.JPG

IMG_1304.JPG

広い境内
IMG_1294.JPG

米屋のドライブインで昼食 とても美味しい!
IMG_1319.JPG IMG_1323.JPG

IMG_1321.JPG IMG_1322.JPG

佐倉ふるさとひろば
IMG_1327.JPG

60万株のチューリップ(まだ余り咲いていませんが)
IMG_1329.JPG

風車が回っています
IMG_1330.JPG

黄色や赤、ピンクなどまだ肌寒い中、可憐に咲いていました
IMG_1333.JPG

IMG_1336.JPG

IMG_1341.JPG

IMG_1343.JPG

風格のある風車でした
IMG_1358.JPG

風車の内部 上る事も出来ます
IMG_1355.JPG

いつもご訪問有難うございます

















nice!(27) 

蘆花恒春園散策 [散歩]

三月の暖かい日に世田谷武蔵野の面影を残す蘆花恒春園を散策して参りました。みみずのたわごと、不如帰などの名作を残す明治、大正の文豪、徳富蘆花が愛子夫人と後半生を過ごした跡地がこの公園です。

残念な事に可愛いピンクの桜が満開なのにその区域だけは立ち入り禁止になっていました。聞くところによると、多目的広場の一角に保育園を建設するためにと土地の検査をしたところ有害物質が出たと云うことで、お花見は出来ませんでした。

蘆花は明治40年から亡くなる昭和2年までこの地で田園生活を送りました。その後建物や敷地などは都に寄贈され公園として管理されています。児童公園や芝生公園などが広がり都民の憩いの場となっています。

蘆花恒春園入口に咲いているシデコブシ
IMG_1245.JPG

IMG_1249.JPG

爽やかな風の竹林
IMG_1235.JPG

IMG_1236.JPG

蘆花記念館 自由に見学できる
IMG_1238.JPG

夫人の居宅
IMG_1228.JPG

蘆花旧宅 茅屋
IMG_1224.JPG

典型的な日本間ですね 
IMG_1226.JPG

かまどは当時を彷彿させますね
IMG_1227.JPG

梅花書家
IMG_1229.JPG

IMG_1234.JPG

身代わり地蔵尊「みみずのたわごと」に書いています
IMG_1231.JPG

IMG_1241.JPG

IMG_1242.JPG

IMG_1233.JPG

屋敷裏の広場にある桜は残念ながら入れません
IMG_1221.JPG

満開の桜が美しく咲いていましたが写真はこれだけ。
IMG_1223.JPG

雪柳が一面に美しい
IMG_1220.JPG

食事は華屋与兵衛で「ローストビーフ丼」を頂きました
IMG_1133.JPG

いつもご訪問有難うございます。








nice!(31) 

ベートーヴェン交響曲第九~世田谷 [音楽]

2017年世田谷名曲コンサートが2月の最終日曜日に昭和女子大学人見記念講堂に於いて世田谷フイルハーモニー管弦楽団&世田谷区民合唱団によるベートーヴェン交響曲第九番二短調「合唱付き」の演奏会が開催されました。私は初めて最前列の真ん中に座る事が出来ました。演奏者の息遣いや真剣な眼差しを感じ取る身近な場所で重厚な音の世界に包まれる最高のひと時を過ごす事が出来ました。

昭和女子大構内の梅の花
IMG_0991.JPG

人見記念講堂入口
IMG_0993.JPG

演奏終了の演奏者一同と指揮者
IMG_0997.JPG

四人の独唱者 テノール バリトン メゾソプラノ ソプラノの皆さん
IMG_1001.JPG

IMG_1012.JPG

世田谷区民合唱団の皆さん
IMG_1017.JPG

本日のプログラム
IMG_1034.JPG

指揮者      合唱指揮
佐藤宏充氏    金川明裕氏
IMG_1024.JPG IMG_1028.JPG

ソプラノ    メゾソプラノ    テノール     バリトン
大隅智佳子さん 山下牧子さん    城宏憲氏     久保和範氏

IMG_1029.JPG IMG_1030.JPG IMG_1031.JPG IMG_1032.JPG

渋谷東急9階 中華料理 杏花
散歩の帰りに立ち寄るお気に入りのお店です。
黒酢の酢豚
IMG_1065.JPG

海鮮五目焼きそば
IMG_1066.JPG

大根餅
IMG_1067.JPG


ベートーヴェン交響曲第九 第4楽章 


いつもご訪問有難うございます















nice!(33) 

書道展~銀座ギャラリー [展覧会]

2017年2月立春の頃、永年書道展を見せて頂いていた友の展覧会が今回銀座画廊で開かれました。故今井凌雪先生のお弟子さん有志の女子だけの書道展です。皆さんの日頃の実力が大いに発揮されて見ごたえのある素晴らしいものでした。

友達の書道は日頃の努力精進もあり、年輪のように素晴らしい軌跡を残されて来たように思います。柔らかく優しい筆致は歳と共に深い味わいを感じます。

故今井凌雪先生の書 光が反射し済みません
IMG_0813.JPG

友の書 篠崎圭介の句 気取らない良い字ですね 
IMG_0800.JPG

友の素直で力の抜けた優しい字で一番好きな書です
IMG_0804.JPG

友の書 正岡子規の歌 「人間万事塞翁が馬」の諺を
自分の病に合わせ読んだもの 篆書も仮名も大好きな書です。 
IMG_0812.JPG

友の書は竹簡を写したもの
IMG_0811.JPG

金箔で書かれていて文字の美しさに感動です。
IMG_0798.JPG

写真が下手でごめんなさい
IMG_0799.JPG


芭蕉の句 しっかりとした女性らしい字ですね
IMG_0808.JPG

美しく優しい字ですね
IMG_0803.JPG

IMG_0809.JPG

篆書はアートですね。美しい!
IMG_0810.JPG

寺山修二の詞 個性的な書ですね
IMG_0815.JPG

篆書の幾何学的な美しさを感じます.

IMG_0816.JPG

女性らしく優しい書です
IMG_0818.JPG

墨絵もいいですね。
IMG_0807.JPG

墨絵とは思えないザクロが優しい
IMG_0805.JPG

久し振りに友達とランチとカフェでお喋り!
銀座七丁目にある銀座吉宗(きっそう)で
長崎皿うどんと茶碗蒸しを頂きました
IMG_1074.JPG

階段を下りるとすぐです。
IMG_1073.JPG

長崎皿うどん
IMG_1068.JPG

茶碗蒸しはどんぶりでウナギが入っている
IMG_1070.JPG

隣に創業百年のカフェーパウリスタがあります。
明治44年(1911)銀座に喫茶店を開店したと云う老舗です。
IMG_1075.JPG

IMG_1076.JPG

IMG_1077.JPG


いつもご訪問有難うございます






nice!(29) 

早咲き桜まつり~小田急線、新松田 [桜]

河津桜富士山が美しいと云われる松田町へ行って参りました。小田急線、成城学園前駅から1時間で神奈川県足柄上群松田町の新松田駅到着です。JRの御殿場線松田駅前側から松田山行きのバス西平畑公園まで参ります。私達は歩いて20分程の山へ登りました。一日中雲一つない青空の元、富士山もくっきりと趣を添えて、最高のお花見日和となりました。2月11日から3月12日までです。

河津桜が満開です
IMG_0928.JPG

トロッコ電車(ふるさと鉄道)は毎日運航されてます。
IMG_0926.JPG

富士山が青空に輝いていました。
IMG_0934.JPG

相模湾まで丸ごと桜の景色です。
IMG_0936.JPG

IMG_0938.JPG

花の間より富士の雪嶺が本当に美しい。
IMG_0939.JPG

菜の花の開花が少し遅いとか。でも桜に映える
IMG_0940.JPG

IMG_0942.JPG

桜と菜の花のコラボが美しい
IMG_0945.JPG

IMG_0946.JPG

IMG_0948.JPG

酒匂川も街も見下ろせる絶景です。
IMG_0955.JPG

ここからの景色も素晴らしい
IMG_0957.JPG

富士山が木漏れ日の中に眩しい。
IMG_0974.JPG

富士山の雄姿を一日中雲もなく見せてくれました。
IMG_0975.JPG

白い桜もありました。
IMG_0978.JPG

ハーブガーデンはローズマリーの花が咲いていました。
IMG_0965.JPG

見晴らしの良いハーブガーデンで一休み
IMG_0964.JPG

おまけ

巣鴨のとげぬき地蔵尊と庚申塚
IMG_0662.JPG

「おばあちゃんの原宿」と云われているけれど
若い方達も多く見かけました。
IMG_0677.JPG

IMG_0667.JPG

曹洞宗満頂山高岩寺 今から400年前に湯島に開かれた後、明治24年
当地に移転。ご本尊は霊験あらたかな「とげぬき地蔵」として知られる
延命地蔵菩薩です。
IMG_0674.JPG

お水をかけ白いタオルで浄めてからお祈りします。
IMG_0669.JPG

可愛いお地蔵さんです。黒光りしています。
IMG_0670.JPG

歩いて近くに「巣鴨の庚申塚」があります。 明暦3年(1657)建立  
IMG_0678.JPG

IMG_0679.JPG

江戸の名所図会にもでているとか。
IMG_0680.JPG


いつもご訪問有難うございます










nice!(26) 

デトロイト美術館展~2016~17年 [展覧会]

デトロイト美術館に行って参りましたが、UPが遅くなりました。偶然撮影可の日だったので実写です。デトロイト美術館の事は全然知らず「太平洋を渡たったヨーロッパの名画たち モネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソ」のキャッチコピーに惹かれて友達と上野の森美術館に行って参りました。

デトロイト美術館アメリカ、ミシガン州デトロイトに1885年開館しました。古代エジプト美術から現代美術まで65,000点の芸術品を所蔵していました。その頃のデトロイトはフォードが創業したばかりの田舎町だったとか。何故それ程の名品が揃っていたのでしょうか?その頃の印象派の絵が安かった?とか。デトロイト市民達の先見の明があったのかも知れません。

しかし市は2013年7月財政破綻しました。名品の売却の危機に!。この危機を救ったのは下級裁判所判事ジェラルドローゼンでした。コレクションを担保に(時価総額900億円)寄付と貸付を募り現在も返済半ばで奮闘中ということです。アメリカの美術館にも行って見たい気がしています。

印象派 (絵画の楽しみはにもあります)
カミーユ・ピサロ 小道 1889年
RIMG0046.JPG

ピエール・オーギュスト・ルノワール 白い服の道化師 1901年
ルノワールの息子 ジャン7歳
RIMG0034.JPG

同上 肘掛け椅子の女性 1874年
RIMG0038.JPG

同上 座る浴女 1903年
RIMG0036.JPG

エドガー・ドガ 朝の乗馬 1866年
RIMG0040.JPG

同上 バイオリニストと若い女性 1871年
RIMG0042.JPG

同上 楽屋の踊り子たち 1879年
RIMG0044.JPG

クロード・モネ グラジオラス 1876年
RIMG0048.JPG

アンリ・ジェルヴェクス パリのカフェにて 1877年
RIMG0050.JPG

ポスト印象派
ポール・セザンヌ 水浴する人々 1880年
RIMG0057.JPG

同上 セザンヌ夫人 イコンのような作品。1886年
RIMG0059.JPG

同上 三つの髑髏 1900年
RIMG0061.JPG

フィンセント・ファン・ゴッホ 自画像 1887年
一番好きなゴッホの絵です
RIMG0063.JPG

同上 オワーズ川の岸辺 オーヴェールにて 1890年
RIMG0066.JPG

ポール・ゴーギャン 自画像 1893年
RIMG0055.JPG

20世紀のフランスの絵画
ジョルジュ・ルオー 道化 1907年
RIMG0071.JPG

パブロ・ピカソ アルルカンの頭部 1905年
道化師を自身の姿に重ね合わせるイメージとか。
RIMG0073.JPG

同上 肘掛椅子の女性 1923年 
古典主義時代の作品。ジェラルド・マーフイーの妻
RIMG0074.JPG

同上 座る女性 1960年 ピカソ80歳の作品 
二番目の妻ジャクリーヌ・ロック
RIMG0076.JPG

アンリ・マチス 窓 1916年
RIMG0080.JPG

同上 コーヒータイム 1916年
RIMG0082.JPG

同上 ケシの花 1919年
RIMG0078.JPG

アメデオ・モディリアーニ 男の肖像 1916年
プリミティヴな力強さ
RIMG0088.JPG

同上 女の肖像 1917~20年
RIMG0086.JPG

帽子を被った若い男性 1919年
RIMG0084.JPG

20世紀のドイツ絵画
オスカー・ココシュカ エルサレムの眺め 1929~30年
RIMG0067.JPG

mozさんのブログに原田マハさんの「デトロイト美術館の奇跡」が紹介されて、図書館で予約していますが、まだ借りられません。残念です!


おまけ
駒沢公園の梅
IMG_0886.JPG

IMG_0888.JPG

IMG_0894.JPG

IMG_0896.JPG

IMG_0898.JPG

IMG_0901.JPG

IMG_0903.JPG

IMG_0904.JPG

IMG_0912.JPG



いつもご訪問ありがとうございます。

































nice!(26) 

台湾へ行って参りました。(3) [旅行]

台湾の最終回です。
前の日の夕方九分(分に人偏がついています)に到着。九分は太平洋に面していて、晴れていれば海岸線の美しい絶景ポイントが見られます。一山全部が観光スポットという感じです。

九分は戦前金鉱があった金瓜石に近く、ゴールドラッシュに沸いた街でした。戦後金鉱は閉山し、衰退して行ったけれど、1989年映画「悲情城市」で一躍脚光を浴びた。現在は急な坂道や石段を逆手に両側には民芸品やお土産屋さんが並び、レストランカフェもあり、美しい景色と夜の赤い提灯が点る幻想的な街へと変貌していきました。

日本アニメ「千と千尋の神隠し」の構想のモデルになったとも言われています。千尋が迷い込む魔法の国の旅館や海と山の雰囲気が良く似ているように思いました。

生憎の雨で狭い階段は傘がひしめいていました。
IMG_0494.JPG

娘とはぐれないように上ります。大混雑です。
IMG_0495.JPG

見上げる場所に赤い提灯のレストランが幾つもあります。
IMG_0493.JPG

ここは昔映画館だったそうです。今は繁栄を伝える劇場に。
IMG_0491.JPG

ここは夕食の場所の阿妹茶酒館です。
IMG_0500.JPG

夕食までの一時間ほど街散歩です。
IMG_0498.JPG

絶景のポイントですが、雨で霞んでいます。海の向こうは日本です。
IMG_0503.JPG

IMG_0516.JPG

海側にホテルやカフェが密集しています。
IMG_0505.JPG

IMG_0514.JPG

絶壁のちょっと怖いカフェです。この辺りが山の頂上です。
IMG_0506.JPG

お店の他にはこんな所も。お参りをしている人も。
IMG_0512.JPG

夕暮れになると赤い灯が点り優しい雰囲気に。
IMG_0518.JPG

IMG_0532.JPG

阿妹茶酒館の何か懐かしい夕食メニューです。
IMG_0520.JPG IMG_0521.JPG

IMG_0523.JPG IMG_0524.JPG

IMG_0525.JPG IMG_0526.JPG

翌日は半日の自由行動です。
中山駅から地下鉄で台大医院下車
IMG_0540.JPG

台大医院駅のアートなホームです。
IMG_0542.JPG

総統府
1919年竣工の日本統治時代のルネッサンス様式の壮麗な建築です。
IMG_0545.JPG

二二八和平公園は都会のオアシスです。
IMG_0546.JPG

二二八事件とは?1948年の台北市での弾圧事件とか。
IMG_0553.JPG

ビル群とのコントラストが美しい静かな公園です。
IMG_0555.JPG

国立台湾博物館は公園内にありました。
1915年日本の児玉・後藤記念館として創建。国の指定文化財となっている美しい博物館です。
IMG_0562.JPG

台北駅周辺は台湾の歴史が詰まったスポットが終結しています。
IMG_0568.JPG

駅構内のフードコートやお土産屋店には観光客がいっぱいとか。
IMG_0571.JPG

おしゃれなカフェで一休み
IMG_0583.JPG

新光三越は台北市内に7店もある人気のデパートです。
IMG_0584.JPG

帰る前のホテル近くの公園散策
IMG_0590.JPG

IMG_0591.JPG

来る時のJALの機内食ランチです。
IMG_0164.JPG IMG_0170.JPG

帰りのJALの機内食デイナーです。
IMG_0603.JPG IMG_0601.JPG

IMG_0600.JPG IMG_0599.JPG

帰りの機内から見た美くしい十三夜です!
IMG_0596.JPG IMG_0604.JPG

二泊三日の台北旅行を最後まで御覧頂き有難うございました。台湾は親日家の方も多くとても優しい街でした。またゆっくりと行って見たい国の一つです。

おまけ
立春の暖かい絶好のゴルフ日和でしたが、帰りは東名の4時間地獄の大渋滞にはまってしまいました。誰しも大変ですが、運転者が一番大変です。心より感謝です。
IMG_0830.JPG

いつも同じ場所からの写真ですみません。
IMG_0824.JPG

IMG_0839.JPG

IMG_0870.JPG

IMG_0863.JPG

パラグライダーが10機ほど乱れ飛んでいました。
IMG_0851.JPG

IMG_0861.JPG

ハンバーグのランチです。ここの食事は何でも美味しいです。
IMG_0876.JPG

いつもご訪問有難うございます。























nice!(29) 

台湾に行って参りました。(2) [旅行]

台湾の続きです
忠烈祠は辛亥革命や抗日戦線などで命を落とした国軍軍人の英霊を祀る、かって日本の護国神社があった場所です。衛兵の交代式が厳かにそして勇ましく行われます。一糸乱れぬ衛兵の動きに感動します。

故宮博物院の見学は時間がなかったので、残念ながら3階の清朝の秘宝が集められているメインの文物を見る位でした。この次にゆっくりともう一度見たいと思います。

それは翠玉白菜。故宮の代表的人気宝物、翡翠の原石で作られた白菜です。全長19cmほどに緑の葉先にキリギリスとイナゴがしがみついており、子孫繁栄を意味しているとか。その他毛公鼎、九層象牙球、唐傭立女傭など、故宮の至宝コレクションが年代毎に分けて展示されています。探す事が出来ないものもありました。

中正紀念堂台北の中心部で威容を誇る蒋介石を記念して建てられた巨大モニュメントです。八角形の屋根は忠、孝、仁、愛、信、義、和、平の八徳を表しているそうです。

昼食は日本でも人気の鼎泰豊で小籠包、また、台北で超人気のマンゴウのかき氷を頂きました。有名店のあちこちに行列が出来ており、日本と同じ光景に納得したり、苦笑したりしていました。

忠烈祠の衛兵の交代式は陸、海、空軍から選抜された衛兵が
1時間毎に大門と大殿を守護するため行われている。
IMG_0304.JPG

IMG_0312.JPG

IMG_0319.JPG

IMG_0320.JPG

IMG_0337.JPG

IMG_0340.JPG

故宮博物院の一部です
IMG_0401.JPG

IMG_0402.JPG

毛公鼎は2800年以上前のもので内側に500字の銘文が刻まれ、
古代史を知る文献にもなっているそうです。
IMG_0360.JPG

翠玉白菜は翡翠の原石で作られ、キリギリスとイナゴがしがみついています。
IMG_0371.JPG

IMG_0368.JPG

翡翠で作られている屏風
IMG_0381.JPG

IMG_0385.JPG

IMG_0392.JPG

IMG_0387.JPG

唐傭立女傭ふっくらとした微笑み、唐三彩と云われるものです。
IMG_0388.JPG

IMG_0393.JPG

IMG_0390.JPG

IMG_0394.JPG

中正紀念堂は市内の中心部に蒋介石を記念して1980年に建てられ、
建物の高さは70mもあり、ここでも衛兵の交代式があるそうです。
IMG_0437.JPG

座像までの高さは本人の死亡年齢の89段あるとか。
IMG_0432.JPG

広場の中国式庭園が美しい
IMG_0426.JPG

IMG_0433.JPG

IMG_0435.JPG

鼎泰豊の小籠包は熟練の技を世界に誇る、肉あんとスープの味が絶妙で、中身にもいくつかのバリエーションがあります。日本でも人気のお店です。
IMG_0404.JPG IMG_0405.JPG

IMG_0406.JPG IMG_0407.JPG

IMG_0408.JPG IMG_0409.JPG

IMG_0410.JPG IMG_0411.JPG

IMG_0413.JPG IMG_0415.JPG

マンゴウのかき氷はふわふわ氷にマンゴウのトッピング。絶品の美味しさです。
IMG_0472.JPG

次回は太平洋に面した風光明媚で幻想的な街、九分へ。自由行動で総統府や地下鉄散歩します。次回も宜しくお願いいたします。

いつもご訪問有難うございます。
















nice!(27) 

台湾へ行って参りました。 [旅行]

昨年の12月に二泊三日で台湾台北を中心に初めて行って参りました。まるで国内旅行のような手軽さですね。日本の10月位の気候で、首都らしく整備された美しい街でした。日本と余り変わらない安全と優しさを感じる街です。違う所は派手な色合いの神社やお寺の極彩色、信心深い人々の真剣なお参りの姿などでしょうか。

運気上昇台北の3大パワースポットと云われてる行天宮龍山寺霞海城皇廟、へお参りしました。それぞれ縁結び、安産、恋愛成就、商売繁盛など皆熱心にお参りをしていました。

行天宮は商売繁盛の関羽帝が祀られているとか
IMG_0212.JPG

IMG_0213.JPG

龍山寺は本尊観世音大菩薩。 縁結びの神として月下老人が人気とか
IMG_0462.JPG

IMG_0459.JPG

IMG_0469.JPG

霞海城皇廟は縁結びスポットとか
IMG_0479.JPG

IMG_0481.JPG

淡水は台北からバスで40分ほどの淡水河の河口に開けたレトロの街。
淡水の情人橋(恋人橋)全長164m。風が強い
IMG_0225.JPG

漁人馬頭
IMG_0228.JPG

河を挟んで観音山を望む観光港 夕日が美しいとか
IMG_0230.JPG

淡水老街と言われる古い町並みが残る活気に満ちたストリート
IMG_0250.JPG

IMG_0249.JPG

リージェント台北ホテル内の晶華軒で夕食
海老の辛口焼き
IMG_0269.JPG

ほうれん草の翡翠仕立て
IMG_0270.JPG

ダックそぼろのレタス包み
IMG_0277.JPG

エリンギの旬の野菜添え
IMG_0278.JPG

蒸し鱸の魚醤油かけ
IMG_0279.JPG

海鮮チャンハン
IMG_0280.JPG

季節のフルーツ
IMG_0281.JPG

ホテルの巨大クリスマスツリー
IMG_0285.JPG

台北101タワーの展望台へ上りました。
508mの台湾1の高層ビル。
展望台は地上382m、89階のシンボルタワー。
IMG_0255.JPG

雨の夜景は曇りがちです
IMG_0261.JPG

極彩色のネオンが中国らしい夜景です
IMG_0262.JPG

IMG_0263.JPG

IMG_0266.JPG

つづきは忠烈祠、故宮博物院、中正紀念堂、総統府、九分など、次回も宜しくお願い致します。

いつもご訪問有難うございます。














nice!(30) 

明けましておめでとうございます。2017 [お正月]

明けましておめでとうございます本年もまたよろしくお願いいたします。

初詣はいつもの世田谷の神社へ皆でお参りに行き、その後は我が家でお節を頂きました。夕方から夜遅くまで孫達とも久しぶりに楽しいひと時を過ごす事が出来ました。お節の写真はすっかり忘れてしまいました(>_<)

翌日も暖かな一日でした。友達と初散歩に神田明神にと参りましたが、思いもよらぬ行列に諦め、近くの湯島聖堂ニコライ堂へお参りし、昌平橋など散歩してあまり来る事がない神田の街を歩きました。

世田谷八幡神宮の鳥居
IMG_0637.JPG

暖かなお正月に沢山の初詣の人々
IMG_0627.JPG

IMG_0631.JPG

湯島聖堂の御門
IMG_0642.JPG

IMG_0643.JPG

ここは徳川家光が林羅山に命じて上野忍ケ岡に建てさせたものを、5代将軍が湯島に移転、のちに武家の子弟の最高学府・昌平校も併設された学びの地
IMG_0645.JPG

ニコライ堂は大主教ニコライによって1891年(明治24年)建てられましたが1923年(大正12年)関東大震災で鐘楼が倒壊、建築士岡田信一郎の指揮のもと6年をかけて現在のドーム型の聖堂を復興させました。ビサンチン様式の建築で1962年重要文化財に指定されました。美しい建築ですね
IMG_0646.JPG

聖堂はどこから見ても美しい
IMG_0648.JPG

ニコライはロシアの領事館付属の司祭として来日、キリスト教の正教を伝えました。
IMG_0649.JPG

正面側で300円の蠟燭代を支払う 撮影は禁止です
IMG_0650.JPG

家の近くのボケが満開でした
IMG_0651.JPG

いつもご訪問有難うございます


nice!(25) 
前の10件 | -